2014年12月25日 12時00分 UPDATE
特集/連載

どうすれば防げたのか2014年を象徴する“内部犯行による情報漏えい事件”と、いまだ残る謎

米国家安全保障局(NSA)の元職員であるエドワード・スノーデン氏の事件が示すように、完全無欠なセキュリティなどというものは存在しない。だが、最善を尽くす必要は依然としてある。

[Craig Mathias,TechTarget]

関連キーワード

NSA(米国家安全保障局) | 暗号化 | VPN


ik_tt_security01.jpg

 データやネットワークなどに対する完全無欠なセキュリティというものは存在しない。どの組織でも情報セキュリティは非常に重要だ。だが、ITのバリューチェーンには脆弱性が付き物である。ITバリューチェーンには、設備からネットワーク(WANとLANの両方)やアプリケーションまでが含まれる。IT担当者の使命は、ハードウェア、ソフトウェア、人為的なエラーによって機密情報が危険にさらされないようにすることだ。そのために、メカニズム、ポリシー、手続きを実装して一定レベルの保証を提供している。また、悪意のあるユーザーから機密情報を保護する必要もある。

 セキュリティ要件の必須事項は次の通りだ。

この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news019.jpg

情報格差の時代をサバイブするのは誰か?
子育てを終えた女性が思うこと、シニア世代の買い物事情、新入社員の不安な胸の内に改正...

news133.jpg

Meituとシーエー・モバイルがメディア販売代理契約締結
シーエー・モバイルはMeituとメディア販売代理契約を締結。「BeautyPlus」や「MakeupPlus...

news093.jpg

パーソナライズド動画「personalize me」がレコメンドエンジン搭載プライベートDMP「Rtoaster」と連携
インテリジェンス ビジネスソリューションズは、同社のパーソナライズド動画サービス「pe...