2015年03月02日 08時00分 UPDATE
特集/連載

医療スタッフも患者も気軽にネット接続する時代に聴診器と同じようにタブレットを携帯――増えるIT医師に必要なインフラとは?

ほぼ全ての医師が勤務時間中にモバイルデバイスを使用している。医療機関はワイヤレスインフラを拡充し、このトレンドに対応する必要がある。

[Trevor Strome,TechTarget]
jo_tt_150302_md.jpg

 医療現場において、タブレットとスマートフォンは聴診器と同じくらい普遍的な存在になっている。2013年に実施した調査では、日々の臨床活動でスマートフォンを使用している医師は86%、タブレットを使用している医師も半数以上いることが明らかになった。現時点では、この数値がさらに高くなっていることは間違いない。この調査では、2014年までに90%以上の医師がスマートフォンを導入し、ほぼ同数の医師がタブレットを使用するようになると予想している。医療現場でモバイルデバイスが普及するのは非常に理にかなっているといえる。

モバイルデバイスが医療現場で普及する2つの理由

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news040.jpg

AIが業務要件に合わせてテキスト解析、データセクションがサービス提供
データセクションは、顧客の抱える課題や要望に合わせてカスタマイズ可能なAIテキスト解...

news015.jpg

バーチャルYouTuberが半年で4000人以上に――ユーザーローカル調べ
ユーザーローカルはCyberVと協力し、バーチャルYouTuberの市場成長ついて分析しました。

news047.jpg

CyberBull、動画広告に特化したバーチャルスタジオの開発に着手
CyberBullは、動画広告に特化したバーチャルスタジオの開発に着手。2019年内の実用化を目...