2014年12月19日 12時00分 UPDATE
特集/連載

「どこでもMY病院」構想にも波紋モバイルに頼りきった医療現場に不安はないか?

医療技術が発達し、携帯型の医療機器によって確実に患者の状態を観察できるようになった。だが、携帯医療機器が広く導入されるためにはセキュリティ技術が追い付くのを待たなければならない。

[Reda Chouffani,TechTarget]
jo_tt_141219_md1.jpg

 医療スタッフが医療情報にアクセスするときに使うデバイスの保護が、医療機関のIT部門にとって最重要事項の1つであることに変わりはない。スタッフが所有するデバイスの監視を支援するソフトウェアの導入により、管理しやすくなっている。

 だが、医療現場ではBYOD(私物端末の業務利用)のイニシアチブが進んでいる。そのため、IT部門はデータ漏えいから確実に情報を保護するためにプロセスと手順の見直しを迫られている。患者データの保護に使用している既存のプロセスの大半は、医療施設に流入している複雑なデバイスに脅かされているのが現状だ。

脆弱な医療機器のセキュリティ対策

ITmedia マーケティング新着記事

news098.jpg

BeautyTech関連アプリは浸透しているのか?――アイスタイル調べ
BeutyTech関連アプリがこの1年で浸透し始めたことが明らかになりました。

news094.jpg

日本国内に住む中国人女性のSNS利用実態――アライドアーキテクツ調査
在日中国人女性464人に聞いたSNSの利用状況と、SNSを通じて行われる情報提供の実態につい...

news153.jpg

「Indeed」「ZOOM」がワンツーフィニッシュ 米国ビジネスアプリダウンロードTOP5(2019年10月度)
世界のモバイルアプリの潮流を分析。今回はiOSとAndroidにおける米国ビジネスアプリダウ...