2014年12月19日 12時00分 公開
特集/連載

モバイルに頼りきった医療現場に不安はないか?「どこでもMY病院」構想にも波紋

医療技術が発達し、携帯型の医療機器によって確実に患者の状態を観察できるようになった。だが、携帯医療機器が広く導入されるためにはセキュリティ技術が追い付くのを待たなければならない。

[Reda Chouffani,TechTarget]

 医療スタッフが医療情報にアクセスするときに使うデバイスの保護が、医療機関のIT部門にとって最重要事項の1つであることに変わりはない。スタッフが所有するデバイスの監視を支援するソフトウェアの導入により、管理しやすくなっている。

 だが、医療現場ではBYOD(私物端末の業務利用)のイニシアチブが進んでいる。そのため、IT部門はデータ漏えいから確実に情報を保護するためにプロセスと手順の見直しを迫られている。患者データの保護に使用している既存のプロセスの大半は、医療施設に流入している複雑なデバイスに脅かされているのが現状だ。

脆弱な医療機器のセキュリティ対策

ITmedia マーケティング新着記事

news144.jpg

動画の重要性 「増している」が85% 動画コンテンツの内製化率は前年比倍増――アライドアーキテクツ調査
アライドアーキテクツが「企業のDX推進における動画活用の実態調査 2021」を実施。デジタ...

news066.jpg

これもアマゾンエフェクト? 米国で激減するあの人名の話
マーケターの頭の片隅を刺激するトピックをインフォグラフィックスで紹介。

news154.jpg

電通「2020年 日本の広告費」 総広告費は大幅減でもインターネット広告費は成長を維持
2020年の日本の総広告費は6兆1594億円で前年比88.8%。東日本大震災があった2011年以来9...