2014年12月19日 12時00分 公開
特集/連載

モバイルに頼りきった医療現場に不安はないか?「どこでもMY病院」構想にも波紋

医療技術が発達し、携帯型の医療機器によって確実に患者の状態を観察できるようになった。だが、携帯医療機器が広く導入されるためにはセキュリティ技術が追い付くのを待たなければならない。

[Reda Chouffani,TechTarget]

 医療スタッフが医療情報にアクセスするときに使うデバイスの保護が、医療機関のIT部門にとって最重要事項の1つであることに変わりはない。スタッフが所有するデバイスの監視を支援するソフトウェアの導入により、管理しやすくなっている。

 だが、医療現場ではBYOD(私物端末の業務利用)のイニシアチブが進んでいる。そのため、IT部門はデータ漏えいから確実に情報を保護するためにプロセスと手順の見直しを迫られている。患者データの保護に使用している既存のプロセスの大半は、医療施設に流入している複雑なデバイスに脅かされているのが現状だ。

脆弱な医療機器のセキュリティ対策

ITmedia マーケティング新着記事

news055.jpg

外出自粛による「孤立感」は案外低く「所有意向」は上昇 新型コロナによる意識変化――日本テラデータ調査
新型コロナウイルスと関連した消費者の不安、不自由、孤立、情報について日本の消費者を...

news059.jpg

三井住友海上が代理店サポートにAI活用 B2B2Cモデルで顧客体験価値向上のためにできること
三井住友海上がAIとデータアナリティクスで実現した代理店サポートのためのシステムを構...

news019.jpg

スマートスピーカーが生み出す新たな顧客体験
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...