2015年03月11日 08時00分 UPDATE
特集/連載

【連載コラム】医療ITの現場から医療現場が期待する「iPad」の画期的な利用方法とは?

タブレットが普及したことで、医療機関でもさまざまな種類のタブレットが利用され始めている。中でも、医療現場で高い支持を得ているのが「iPad」だ。その根強い人気の理由を考察する。

[大西大輔,メディキャスト]

関連キーワード

iPad | Mac | 医療IT


なぜ、iPadが医療現場で人気なのか?

 2010年に米Appleが発売したタブレット「iPad」は相変わらず多くのユーザーの人気を獲得しています。医療IT関連企業から「タブレット用システムの開発を考えているが、やはりiPad対応でないとダメですか」と相談されます。私は迷わずiPadに対応するようにお願いしています。現在ではさまざまな種類のタブレットがリリースされていますが、iPadは特に医療現場から高い支持を得ています。今回はその根強い人気の理由を考えてみましょう。

「iPad mini 3 Wi-Fi 16GB」、読者プレゼント実施中!

iPad mini 3

TechTargetジャパンは、企業のIT担当者なら知っておきたいIT技術の入門記事を集約したテーマサイト「『知ってるつもり』では恥ずかしい 基礎から学ぶ、新入社員に教えたい『IT新常識』」を開設しました。本テーマサイトの開設を記念して、米Appleの7.9インチタブレット「iPad mini 3 Wi-Fi 16GB」(色はシルバー)を抽選でプレゼントします。


(1)医師に多いAppleユーザー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news096.jpg

「KARTE for App」がモバイル計測ツール「Adjust」とデータ連携
「KARTE for App」がモバイル計測ツール「Adjust」とデータ連携を開始した。

news056.jpg

「C CHANNEL」、訪日タイ人をターゲットに想定した動画広告メニューを提供
C Channelは、タイ子会社のC CHANNEL(Thailand)において、訪日タイ人観光客向けに商品...

news020.jpg

カードタイプの電子マネー、地方で強いのは「WAON」――MMDLabo調べ
MMDLaboは、「2018年5月モバイル決済 利用者・未利用者比較調査」を発表しました。それに...