2015年04月24日 12時00分 UPDATE
特集/連載

VMwareのチャレンジの成否は?仮想化の次は「EVO:RAIL」か、サーバの未来を見通す

米VMwareのユーザーはハイパーコンバージドインフラ「EVO:RAIL」に関心を示しているが、競合製品が複数存在している。EVO:RAILは今後どう戦っていくのか?

[Ed Scannell,TechTarget]
tt_aa_kaigai.jpg ネットワンシステムズの「EVO:RAIL」《クリックで拡大》

 米VMwareのハイパーコンバージドインフラ「EVO:RAIL」が2014年8月に公開されたときは好意的に受け止められていた。だが、ほとんどのIT担当者はハイパーコンバージドインフラ製品についてまだ様子を伺っている状態で、既存のサーバ戦略から離れられずにいる。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news096.jpg

電通パブリックリレーションズが「第2回 企業広報力調査」の結果を発表
電通パブリックリレーションズ内の研究組織である企業広報戦略研究所は、「第2回企業広報...

news095.jpg

MasterCard、「Pepper」向けデジタル決済アプリケーションの試験運用を開始へ
MasterCardは、人型ロボット「Pepper」向けの初の決済アプリケーションによるの試験運用...

news080.jpg

石黒 不二代氏が語るオムニチャネルの本質、“個”客中心主義とは何か
セブン&アイ・ホールディングスの一大プロジェクト「omni7」を構想から開発まで支援した...