2015年06月14日 09時00分 UPDATE
特集/連載

AndroidベースのIoT向けOS「Project Brillo」発表ちょっと気になる最近の「Android」の動き、GoogleはIoTでもAppleと衝突?

Googleの「Project Brillo」は、Androidを軽量化したIoT向けプラットフォームだ。Android/iOS搭載スマートフォンとIoT端末をつなげることができる。企業によるIoTの利用は加速するのだろうか。

[Jake O'Donnell,TechTarget]
0612_kf_brillo_001_s.jpg 《クリックで拡大》

 米Googleが発表したIoT向けOSは、IT環境に存在する無数の“モノ”を従来型の機器と接続する有用な手段の1つとなるかもしれない。

 Googleは先日、次のITトレンドとして注目されるIoT向けプラットフォーム「Project Brillo」を発表した。AndroidベースのOSは機能を絞り込むことで軽量化し、性能の低いIoT端末でも動作する。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news099.jpg

「Pinterest」のマーケティング活用、実は意外と進んでいるってご存じでした?
おしゃれな人、アート志向の人が使う画像共有サービスとして知られる「Pinterest」。アー...

news095.jpg

NTTコム オンライン、「Oracle Eloqua」と連携したSMS送信サービスの提供開始
NTTコム オンラインは、マーケティングオートメーション「Oracle Eloqua」から直接SMSを...

news072.jpg

インテージ、「INTAGE connect」経由でモバイル空間統計データの提供を開始
インテージは、同社の「INTAGE connect」を通して、ドコモ・インサイトマーケティングが...