2015年06月17日 08時00分 UPDATE
特集/連載

「ネットブックとは違うんだよ」「Surface 3」、使って分かった抜群の高性能と“やっぱりな限界”

Microsoftの新型タブレット「Surface 3」は、同シリーズの中でも最高の柔軟性と携帯性を誇っている。Atom x7を搭載する新端末は、果たしてどれほどの実力を備えているのだろうか。

[Jamison Cush,TechTarget]
ik_tt_sf00.jpg 米Microsoftの「Surface 3」《クリックで拡大》

 「MicrosoftはWindowsとクラウドに力を注いでいる」――、同社CEOのサトヤ・ナデラ氏はそう述べている。だが一方で、新型タブレット「Surface 3」を提供しているように、ハードウェアの開発をやめていない。

 Surface 3は、旧モデルの「Surface RT」「Surface 2」よりも、「Surface Pro 3」との共有点が多い。米Microsoftは不発だった「Windows RT」に見切りを付け、Surface 3では64ビット版の「Windows 8.1」を採用した。つまり、Surface 3は、Surface Pro 3と同じく、x86/x64用のWindowsデスクトップアプリケーションに対応する。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news096.jpg

「KARTE for App」がモバイル計測ツール「Adjust」とデータ連携
「KARTE for App」がモバイル計測ツール「Adjust」とデータ連携を開始した。

news056.jpg

「C CHANNEL」、訪日タイ人をターゲットに想定した動画広告メニューを提供
C Channelは、タイ子会社のC CHANNEL(Thailand)において、訪日タイ人観光客向けに商品...

news020.jpg

カードタイプの電子マネー、地方で強いのは「WAON」――MMDLabo調べ
MMDLaboは、「2018年5月モバイル決済 利用者・未利用者比較調査」を発表しました。それに...