2015年07月15日 15時00分 UPDATE
特集/連載

Hyper-Vに乗り換える?今から押さえたい、「Windows Server 2016」のHyper-V新機能

「Windows Server 2016」では「Hyper-V」関連の新機能は少ないものの、「PowerShell Direct」機能およびストレージのレジリエンシー(障害復元性)の改善は注目に値する。

[Brien Posey,TechTarget]
tt_aa_kaigai.jpg Hype-Vはマイクロカーネル型(参照:正式リリース版で見るHyper-Vのアーキテクチャ)《クリックで拡大》

 米Microsoftは「Windows Server 2012」および「Windows Server 2012 R2 Hyper-V」でさまざまな新機能を導入した。これに比べると、「Windows Server 2016」の追加機能の数は少なく感じられる。とはいえ、この新バージョンには注目すべきHyper-Vの新機能も幾つかある。仮想マシンのシールド、ストレージのレジリエンシー(障害復元性)の改善、「Windows PowerShell」の改良、「プロダクションチェックポイント」などだ。これらのHyper-V機能を以下に紹介する。

プロダクションチェックポイント

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news115.jpg

「GenieeSSP」がネイティブ広告向け配信APIの提供を開始
ジーニーは、同社のインターネットメディアの広告収益最大化プラットフォーム「GenieeSSP...

news098.jpg

シナジーマーケティング、クラウド型CRM「Synergy!」に広告連携機能を追加
シナジーマーケティングは同社のクラウド型CRM「Synergy!」に広告連携機能を追加したと発...

news047.jpg

「Adobe Sensei」はマーケティングをどう変える? 「Adobe Experience Cloud」におけるAIの位置付け
マーケティング基盤からエクスペリエンス基盤へ。新たに誕生した「Adobe Experience Clou...