2015年09月28日 15時00分 UPDATE
特集/連載

トラフィック制御アプリケーションもリリースSDN市場の“てっぺん”狙う 「OpenDaylight」ベースの新製品で勝負に

「OpenDaylight」ベースの新たなSDNコントローラーを発表した米Brocade。オープンソースSDN市場のリーディングベンダーを狙う同社の戦略が反映された、新製品の実力を探る。

[Antone Gonsalves,TechTarget]
画像 BrocadeのSDNコントローラー「Brocade SDN Controller」の製品紹介ページ

 米Brocade Communications Systemsは2015年9月、オープンソースのSDN(Software Defined Networking)コントローラーである「OpenDaylight(ODL)」の商用版をアップグレードし、ODLの最新版における機能改良を反映させた。SDNコントローラーは、ネットワーク構成や機器設定を集中制御するソフトウェアのことである。

 BrocadeはこのODL商用版を使い、SDNでスイッチやルーターからのトラフィックを効果的に制御できるように支援する2つのアプリケーションも併せてリリースした。同社はオープンソースSDN技術の主要プロバイダーを目指しており、今回のSDNコントローラーとアプリケーションのリリースは、この戦略を前進させる。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news116.jpg

読売巨人軍がマーケティングプラットフォーム「b→dash」を導入
読売巨人軍が、フロムスクラッチのマーケティングプラットフォーム「b→dash」の導入を決...

news100.jpg

IDOMが挑むモバイルWebサイトの表示速度改善、具体的なノウハウと効果は?
前回に引き続き、中古車買い取り・販売の「ガリバー」におけるWebサイトの表示スピード改...

news087.jpg

WACUL、人工知能を活用したWeb改善ツールに「毎日の成果管理」機能を追加
WACULは、人工知能によるWebサイト分析ツール「AIアナリスト」に新機能「毎日の成果管理...