2015年07月21日 12時00分 公開
特集/連載

VCS、OpenStack、SDNもサポート、次世代スイッチは「全部入り」が正解?「Brocade VDX 8770」を徹底解剖

米Brocade Communications Systems の「Brocade VDX 8770」は、複雑な企業のIT環境に合わせて設計されたデータセンタースイッチだ。

[Aditya Gune,TechTarget]
Brocade VDX 8770の2つのモデル。左が8スロットの「8770-8」、右が4スロットの「8770-4」《クリックで拡大》

 米Brocade Communications Systems の「Brocade VDX 8770」は、企業のIT環境向けに設計されたデータセンタークラスのスイッチだ。これには、高度に仮想化されたインフラやストレージエリアも含む。VDX 8770には8スロットの「8770-8」と4スロットの「8770-4」という2つのモデルがある。どちらのモデルもL2/L3でスイッチングの機能を提供している。また、Brocadeの「Virtual Cluster Switching(VCS)」ファブリックテクノロジーをサポートしている。さらに、OpenStack、ソフトウェア定義ネットワーク(SDN)テクノロジー、BrocadeのVM-aware Network Automationソフトウェアなどもサポートしている。

ITmedia マーケティング新着記事

news024.jpg

なぜあのブランドは「離脱」されないのか?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news056.jpg

急成長のデジタルライブエンターテインメント市場、2024年には約1000億円規模に――CyberZとOEN調査
音楽や演劇などライブコンテンツのデジタル化が急速に進んでいます。今後の見通しはどう...

news157.jpg

自粛期間中の3大ストレスは「マスク着用」「運動不足」「外食ができない」――サイバーエージェント調査
サイバーエージェント次世代生活研究所が全国3094人を対象に実施した意識調査第2弾。