2015年10月05日 12時00分 UPDATE
特集/連載

ニーズが増す仮想デスクトップメリットが大きい「Linux VDI」、Windowsからあえて移る理由は?

Linux仮想デスクトップは誰もが必要とするものではない。だが、Windows仮想デスクトップのライセンス料が不要になるという大きなメリットがある。

[Robert Sheldon,TechTarget]
Linuxの仮想デスクトップを提供する「Horizon 6 for Linux」《クリックで拡大》

 「Linux」の仮想デスクトップを導入する最大のメリットはライセンスにある。オープンソースの仮想デスクトップインフラ(VDI)では、「Microsoft VDI」ライセンスに掛かる組織の出費を削減または一掃できる。

 米MicrosoftのVDI環境における「Windows」のライセンス料は、高額かつ複雑なことで知られる。例えば同じ顧客向けでない限り、VDIプロバイダーが1つのホストで複数の仮想マシン(VM)を運用することは認められず、マルチテナントの多くのメリットを薄れさせている。

Windows VDIの限界

 Microsoftは、企業向けライセンス制度「ソフトウェアアシュアランス(SA)」を契約した顧客には多少譲歩して、ユーザー当たりのライセンスモデルへと移行している。これで複数のデバイスから仮想デスクトップへアクセスする従業員のコストは低減される。

 ただしこのモデルが利用できるのはユーザー250人以上の組織のみ。中堅・中小企業がライセンスコストを引き下げるためには、オープンソースVDIなど他の手段を模索する必要がある。Linuxは、少なくともライセンスの観点からは無料で、管理もしやすい。

 オープンソースというLinuxの性質も重要なメリットになる。オープンソースプロジェクトでは、世界中のエンジニアが専門知識や経験を生かしてソフトウェアの向上に貢献する。Windowsなどの商用製品のように宣伝を意識する必要もない。Linuxディストリビューターは多数存在しているので、Windowsに比べてOSとしてのカスタマイズ性も高い。Linuxはまた、コンピュータを使った設計や3D処理、ビデオ編集など、リソースの消費が多いアプリにも適している。

 ただしLinuxがあらゆる状況で完璧に機能するというわけではない。Windowsのようなサポートは提供されず、全てのLinuxディストリビューションがどれも同じというわけではない。しかも、仮想デスクトップユーザーを新しい環境へ移行させるのは容易ではない。

 Linuxでの最大の課題は、VDIユーザーが日常的にアクセスしているWindowsベースのプログラムをどうするかという問題だ。組織によっては、それほど苦労せずにLinux仮想環境へ移行できるケースもある。一方で、2つのVDIプラットフォームでWindowsとLinuxを運用した方がいい企業もある。ただその場合、IT部門のVDIサポート負担も倍増する可能性がある。

 最大の不確定要素はもちろん、現在のような形のデスクトップコンピューティングの行く末だ。モバイル端末での利用を前提にシステム開発や運用を進めるモバイルファーストの考え方が浸透し、一部の組織でWindowsアプリケーションへの依存が薄れる中で、MicrosoftがVDIライセンス料を値下げする可能性もある。一方、Linux VDIはいずれ、もはやWindowsアプリを必要としなくなった企業にとっての選択肢として魅力が増すかもしれない。

この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

インターネットが好き過ぎる人々の夏
テクノロジーは日進月歩。技術に合わせて私たちのITリテラシーは進化しているのか。ネッ...

news061.jpg

ABM実現のためのデータマネジメントサービスでサンブリッジがリアライズと提携
サンブリッジとNTTデータグループのリアライズは、アカウントベースドマーケティングの実...

news018.jpg

「ラストクリック依存」はなぜ失敗するのか?
CPA(顧客獲得単価)の最適化という目標は達成できているのに肝心の収益には貢献していな...