2016年01月11日 07時00分 UPDATE
特集/連載

コンテンツを楽しむことを追求したタブレット徹底レビュー:「Amazon Fire HD 10」は低スペックが気にならない究極の“息抜き”端末? (1/3)

米Amazon.comの「Fire HD 10」が適切な価格で販売されれば、それに勝るタブレットはなかなかない。「簡単にネットに接続して暇をつぶせるものが欲しい」というユーザーにとっては特にそうだ。

[Jamison Cush,TechTarget]
Amazon Fire HD 10 Amazon Fire HD 10は映画を見るために生まれた端末《クリックで拡大》

 米Amazon.comの「Fire」シリーズタブレットには、価格の安さ以外にもある種の魅力がある。米Appleや米Google、米Microsoftは、2-in-1設計やオフィスソフトウェアの機能により、タブレットとPCの境界を曖昧にしている。これに対してAmazonは、主にコンテンツ、とりわけAmazonコンテンツを楽しむためのタブレットにこだわっている。

 当然のことながら、Amazonが業界最大といえるコンテンツライブラリ(無料製品を豊富に提供するアプリストアも含む)を持っていることは、Fireタブレットの利点になる。Amazonの「Fire OS」が、Amazonの電子書籍や「Amazonビデオ」で配信される映画、その他のコンテンツへの簡単なアクセスを考慮して設計されていることも利点だ。さらに、スクリーンシェアサービスを通じたAmazonの顧客サポートが素晴らしいことも大きな利点となっている。

 TechTargetは以前のレビュー記事「徹底レビュー:安さで注目の「Amazon Fire」タブレット、5000円で買った人は満足できるか?」で、第5世代Amazonタブレットの別モデルに好評価を与えたが、それは端末の品質よりも50ドル(※1)という価格によるところが大きかった。今回取り上げる230ドル(※2)の大型モデル「Fire HD 10」はどうだろうか。詳しく見ていこう。

※1. 国内価格は8980円(Amazonプライム会員価格は4980円《税別、以下同じ》)

※2. 国内価格は2万9980円

仕上がりとデザイン

       1|2|3 次のページへ

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news147.jpg

マイクロアド関連会社、上海発の訪日クルーズ船内で日本の商品を販促
マイクロアド・インバウンド・マーケティングは中国の訪日クルーズ船と提携し、上海から...

news136.jpg

「KANADE DSP」が機械学習を活用してコンバージョン獲得コストの自動最適化機能を強化
京セラコミュニケーションシステムは「KANADE DSP」において、コンバージョン獲得コスト...

news131.jpg

日本のマーケターはプログラマティックとソーシャルに積極的、AdRollが調査
AdRoll日本法人は、日本のプログラマティック(運用型広告/データに基づくリアルタイム...