2016年02月08日 12時00分 UPDATE
特集/連載

“労多くして功少なし”か古いPCをVDIシンクライアントとして再生、マルウェア対策は不要?

仮想デスクトップインフラ(VDI)のシンクライアントデバイスは種類が豊富で、ほとんどはマルウェア対策ソフトウェアがなくても安全に使用できる。では、保護が必要なのはどういうケースだろうか。

[Brien Posey,TechTarget]
イメージ

 大半のシンクライアントデバイスには、マルウェア保護対策を講じる必要はない。だが、シンクライアントとして再利用しているPCは保護が必要だ。

 市場には、仮想デスクトップインフラ(VDI)のシンクライアントハードウェアが膨大に存在する。これらのデバイスの機能は実にさまざまだが、一般的にシンクライアントのマルウェアに対する脆弱(ぜいじゃく)性はそこまで高くない。多くの場合、管理者は、VDIシンクライアントにマルウェア保護を追加するのに必要な労力に見合う効果を得ることはできない。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news122.jpg

人工知能「Adobe Sensei」はCMSをどう変えるのか?
アドビ システムズが2018年4月に提供開始する「Adobe Experience Manager」最新版の特徴...

news102.jpg

MarketoがSlackと連携、リード関連情報のリアルタイム通知が可能に
Marketoは、Slackとの連携を発表した。顧客エンゲージメントに関するリアルタイム通知を...

news093.png

ブレインパッド、広告運用レポートの自動作成と実績予測シミュレーションが可能な「AdNote」を提供
ブレインパッドは、インターネット広告運用支援ツール「AdNote」の提供を開始した。