2016年02月01日 08時00分 公開
特集/連載

仮想デスクトップPCでもマルウェア対策をすべき“世知辛い理由”過信は厳禁

仮想デスクトップは、IT担当者にとって保守が容易だ。仮想デスクトップはマルウェアに遭遇しても守れる可能性が高いが、気を付けなければいけないポイントもある。

[Brien Posey,TechTarget]
VDI導入をセキュリティ対策の1つだと捉える向きもある(TechTargetジャパン記事「デスクトップ仮想化の仕組みとメリット」より)

 仮想デスクトップのマルウェアに対する脆弱(ぜいじゃく)性は、構成方法によって異なる。だが、一般的に、仮想デスクトップは従来のクライアントPCよりマルウェア攻撃を受ける可能性は低い。

 通常、仮想デスクトップは可能な限り強化されている。つまり、ユーザーがマルウェアに遭遇しても、仮想デスクトップのセキュリティ構成によって、マルウェアが害を及ぼせないようになっている可能性が高い。

ITmedia マーケティング新着記事

news144.jpg

「BOTANIST」を生んだI-neが上場 強いブランドの秘密とは?
「BOTANIST」運営のI-neが東京証券取引所マザーズに上場。テクノロジーとマーケティング...

news052.jpg

Disney飛躍の立役者ボブ・アイガー氏が語る 「積み上げてきた価値を『崇拝』せず『尊重』せよ」
The Walt Disney Companyを巨大メディア企業に成長させた前CEOのボブ・アイガー氏が、レ...

news048.jpg

組織内のデータの半分以上が「ダークデータ」 回答者の66%――Splunk調査
「ダークデータ」とは活用できていない 、もしくは把握すらできていないデータのこと。