2016年02月12日 08時00分 UPDATE
特集/連載

被害を未然に防ぐデータサイエンティストの資質膨大な詐欺行為と戦うPayPal、決め手はオープンソースと“好奇心”

PayPalは、高度な予測データ分析を使用してユーザーを不正行為から保護し、PayPalのブランドを維持している。常に進化することがPayPal成功の鍵を握っている。

[Ed Burns,TechTarget]
PayPal PayPalは買い手と売り手双方の保護に力を入れる《クリックで拡大》

 不正ユーザーは、善良なユーザーをだますための新しい方法を絶えず見つけ出している。米PayPalは予測データ分析を使用して、これに対抗している。

 ほとんどのユーザーが一般的な不正行為に慣れている。例えば、知らない人物から大量の資金の分配を約束する電子メールが届く。多くの場合に使われるのは、PayPalのような支払い処理サービスだ。

 PayPalのグローバルリスクサイエンス部門のシニアディレクターであるフイ・ワン氏は、不正ユーザーから定期的に攻撃を受けると業務が困難になると語る。同氏の任務は、不正な取引が実行される前に停止させることだ。PayPalは多くの利害関係を抱えている。サービスが不正に使用されれば、ユーザーからの信頼が損なわれ、PayPalのブランドに傷が付く。最終的には、ユーザーの減少につながることにもなりかねない。

データ分析を利用した不正行為の予測

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news016.jpg

Appleは今でもイケてるブランドか? 調査とデータで考察する
ビジネスパーソンの人的ネットワークから日本人の国語に関する意識変化、ウェアラブル端...

news101.jpg

セールスフォース・ドットコム、SalesforceにAI機能を組み込む「Salesforce Einstein」を発表
セールスフォース・ドットコムは、Salesforceのクラウドサービスに人工知能(AI)を組み...

news077.jpg

日本の複数デバイス利用ユーザーの半数は4台以上持ち──クロスデバイス利用動向調査
Appierは、アジア太平洋地域におけるクロスデバイス利用動向調査の日本版の調査結果を発...