2016年02月12日 08時00分 UPDATE
特集/連載

被害を未然に防ぐデータサイエンティストの資質膨大な詐欺行為と戦うPayPal、決め手はオープンソースと“好奇心”

PayPalは、高度な予測データ分析を使用してユーザーを不正行為から保護し、PayPalのブランドを維持している。常に進化することがPayPal成功の鍵を握っている。

[Ed Burns,TechTarget]
PayPal PayPalは買い手と売り手双方の保護に力を入れる《クリックで拡大》

 不正ユーザーは、善良なユーザーをだますための新しい方法を絶えず見つけ出している。米PayPalは予測データ分析を使用して、これに対抗している。

 ほとんどのユーザーが一般的な不正行為に慣れている。例えば、知らない人物から大量の資金の分配を約束する電子メールが届く。多くの場合に使われるのは、PayPalのような支払い処理サービスだ。

 PayPalのグローバルリスクサイエンス部門のシニアディレクターであるフイ・ワン氏は、不正ユーザーから定期的に攻撃を受けると業務が困難になると語る。同氏の任務は、不正な取引が実行される前に停止させることだ。PayPalは多くの利害関係を抱えている。サービスが不正に使用されれば、ユーザーからの信頼が損なわれ、PayPalのブランドに傷が付く。最終的には、ユーザーの減少につながることにもなりかねない。

データ分析を利用した不正行為の予測

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news151.png

スマートフォン向け広告配信サービス「GMO SmaAD」に不正広告対策機能を導入
GMO TECHは、スマートフォン向け広告配信サービス「GMO SmaAD」において、オンライン広告...

news116.jpg

トランスコスモス、Facebook Messengerを利用した新たな顧客コミュニケーションサービスを開始
トランスコスモスは、「Facebook Messenger」を利用した企業と顧客とのコミュニケーショ...

news112.jpg

電通と日経、企業イメージの形成要因を特定する解析サービスを共同開発
電通と日本経済新聞社は、企業イメージの形成要因が特定できる「企業イメージKPIモデル」...