2014年10月28日 12時00分 公開
特集/連載

やり手副社長が主導したPayPalのアジャイル開発移行、その凄腕を見る大解剖、PayPalの開発現場【前編】

PayPalがアジャイル開発で目指したのは、プロトタイプ作成の迅速化、継続的改善、そして具体的な製品の提供だ。改革をリードした副社長が語る。

[Linda Tucci,TechTarget]

関連キーワード

PayPal | DevOps | アジャイル


 米PayPalはアジャイル開発方式に向けた“ビッグバン改革”を断行した。同社のクリステン・ウォルバーグ技術担当副社長は、米TechTargetの取材に応じ、同社内の510の機能横断型チームの仕事のやり方を変えた改革の狙いとその具体的内容について語った。改革の一環としてオフィスの改装も行われ、その費用として200万ドルの予算を計上したという。

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...