2016年02月26日 08時00分 UPDATE
特集/連載

IT部門もアジャイル、DevOpsで行こう【第2回】アプリケーションの開発と運用を加速するDockerとPaaS、両者の違いは? (1/3)

コンテナ技術の活用で注目を集めるDockerと、運用に必要な環境をサービスとして提供するPaaS。どちらもDevOpsの推進に適した仕組みだ。この2つはどう違い、どのように使い分けるべきなのだろうか。

[草間一人,PaaS勉強会]

 前回の記事「求められるのは“スピード基準” IT部門が開発部隊になれない2つの壁」では、企業ITにおいても「アジャイルソフトウェア開発」や「DevOps」といった考え方が重要視されつつあり、それらを実現するための技術として「Docker」や「PaaS」(Platform as a Service)が脚光を浴びている背景について述べた。今回は、DockerやPaaSが実際にどのような仕組みで、どういったメリットをもたらすのか、両者の違いに着目しながら解説する。

Dockerとハイパーバイザー型仮想化との違い

       1|2|3 次のページへ

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

現代人の30のメディアライフスタイルとは?――電通調査
電通はビデオリサーチと共同で、生活者のメディア視・聴・読習慣を可視化し、30のメディ...

news061.jpg

「Adobe Audience Manager Audience Marketplace」が国内で利用可能に
Adobe Systemsは、同社の顧客とデータプロバイダー間のデータ取引を行う機能「Adobe Audi...

news045.jpg

売れるネット広告社、「確認画面後でアップセル」で特許権を取得
売れるネット広告社は、「確認画面後でアップセル」についての特許権を取得したと発表した。