2016年03月19日 07時00分 UPDATE
特集/連載

「Android for Work」の機能と課題「Androidはおもちゃ」なんてもう言わせない Googleが挑む“仕事スマホ化”の中身

Googleは「Android」のセキュリティと管理機能について、これまで大きな実績を上げていない。だが「Android for Work」には、この状況を一変させる力がある。

[Jack Madden,TechTarget]
Android 企業利用を見据えて進化するAndroid(画面はAndroid公式サイト)《クリックで拡大》

 Googleの「Android for Work」は、同社のモバイルOS「Android」の管理を改善する革新的な一歩だ。Android for Workは、「Android 5.0(Lollipop)」で導入された、モバイルデバイスを管理し、データを分離する機能/ツール群。メリットは多いものの、課題や例外は存在する。

 2010年に「Android 2.2」でデバイス管理API「Android Device Administration API」が実装されるまで、Androidには事実上、企業向けの管理機能が存在しなかった。モバイルデバイスやアプリ、コンテンツを包括的に管理する「エンタープライズモビリティ管理」(EMM)製品のベンダーはこのAPIにより、基本的なポリシーを強制したり、リモートワイプを実行したりするエージェントアプリケーションを作成できるようになった。後のバージョンのAndroidでは、エージェントアプリで暗号化を要求できるようにもなった。

Android for Workの仕組み

ITmedia マーケティング新着記事

news135.jpg

オープンソースCMS「Drupal」商用版提供のAcquiaが日本市場に本格参入
Acquiaは、日本支社としてアクイアジャパンを設立したと発表した。

news115.png

Macbee Planetの成果報酬型広告運用支援ツール「Robee」、DACのDMP「AudienceOne」とデータ連携
Macbee Planetは、同社が提供する成果報酬型広告運用支援ツール「Robee」を、デジタル・...

news018.jpg

ミレニアル世代の85%が動画視聴後に購入の意思決定――Brightcove調査
動画コンテンツは購入の意思決定にどう影響しているのでしょうか。