2016年04月25日 08時00分 UPDATE
特集/連載

「モバイルシンクライアント」の可能性iPhoneやAndroidスマホの“重過ぎて動かないアプリ”を動かす方法とは?

スマートフォンとクラウドの組み合わせで、相互のメリットを引き出す。その具体的な手段として重要性が高まりつつあるのが「モバイルシンクライアント」だ。

[Craig Mathias,TechTarget]
モバイルシンクライアント iPhoneをはじめとするスマートフォンはコンピュータの進化を具現化した存在だ(出典: Apple)《クリックで拡大》

 Appleの「iOS」やGoogleの「Android」といったモバイルOSを搭載する今日のスマートフォンは、プロセッサやメモリ、ローカルストレージ、外部接続インタフェース、OS、アプリケーションを搭載した“小さなコンピュータ”だ。

 マイクロプロセッサは数十年という歳月を経て価格が安くなり、処理速度やバッテリー効率が向上し、包括的な機能を備えるように進化してきた。RAMやフラッシュメモリベースのストレージ、ディスプレイなど、その他の要素も同様に進化している。小さなコンピュータというスマートフォンのモデルは、コンピュータ全体の歴史から見て自然な歩みだろう。

コンピュータとデータの“主従”が逆転

ITmedia マーケティング新着記事

news030.jpg

消費者の自由裁量所得と使途の状況――NTTコム オンライン調査
NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューションと立教大学経営学部 有馬賢治研究...

news013.jpg

B2Bマーケティングのラストワンマイル、今こそ再評価したい「電話」の価値
マーケティング全般におけるコールセンターシステムの役割を主軸に、ボイスコミュニケー...

news146.jpg

電通テック子会社の「情報銀行」サービスが始動
電通テック子会社のマイデータ・インテリジェンスは、生活者主導のパーソナルデータ管理...