2016年06月28日 12時00分 UPDATE
特集/連載

エンタープライズソーシャルネットワークの変革MicrosoftのLinkedIn買収は総じて歓迎ムード、でもユーザーの思いは微妙? (1/2)

MicrosoftのLinkedIn買収で見えてくるのは、将来のハイパーソーシャルなビジネス環境だ。それは従業員にとって朗報なのだろうか?

[Brian Holak,TechTarget]
LinkedIn 世界のIT業界の話題をさらった巨額買収。写真は左から米LinkedIn CEO ジェフ・ウェイナー氏、米Microsoft CEO サティア・ナデラ氏、LinkedIn共同創業者のリード・ホフマン氏(出典:Microsoft)《クリックで拡大》

 「LinkedInでつながってください。よろしくお願いいたします。」

 この見慣れたつながり申請メッセージは、今回のニュースによって全く新しい意味を持とうとしている。

 Microsoftが現金262億ドルもの巨額でLinkedInの買収を決めたことにより、エンタープライズソーシャルネットワークは、どこの職場であろうと仕事の中に組み込まれていくことになりそうだ。

MIcrosoft Officeは「ソーシャル」の力でより進化する

       1|2 次のページへ

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news134.jpg

「Logicad Video Ads」が機能拡充、動画広告メニューを拡張
ソネット・メディア・ネットワークスは、動画広告配信強化の一環として「Logicad Video A...

news017.jpg

ビズリーチ青山弘幸氏に学ぶ、事業を成長させるプロマーケターの仕事術
30年にわたりIT系B2B企業のマーケティング支援に携わってきたエキスパートが、マーケティ...

news075.jpg

できる営業担当者は顧客に何をヒアリングしているのか?――Emotion Tech調査
Emotion Techは営業担当者の顧客とのコミュニケーションに関する調査結果を実施しました...