2016年08月01日 15時00分 UPDATE
特集/連載

非構造化データの分析にビッグデータ分析の隠れた本命、「深層学習」の底力とは?

複雑な解析問題を扱うために設計されている深層学習ソフトウェアは非構造化データを扱うときに最も効力を発揮する。

[Ed Burns,TechTarget]

関連キーワード

Google | ビッグデータ | 機械学習


Googleが開発した「TensorFlow」(出典:Google「Open Source Blog」)《クリックで拡大》

 深層学習(ディープラーニング)は、高度な分析において今最も注目を集めているトピックとはいえないかもしれない。しかし、人工知能と機械学習はより広い領域において、分析ソフトウェアベンダーとユーザー両方から多くの注目を集めている。そして、深層学習アプリケーションは多くの企業のビッグデータ分析ツールキットの重要な構成要素になる可能性を秘めている。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news103.jpg

「アドエビスリサーチ」、450万人の消費者データを活用してWeb広告やWebサイト接触者限定の調査が可能に
ロックオンは、クロスマーケティンググループのディーアンドエムと協業を発表。「アドエ...

news098.jpg

モバイルアプリ広告のYouAppi、人工知能で細かなセグメンテーションを実現するリエンゲージメント広告を提供
モバイルアドテクノロジーのYouAppiは、モバイルアプリ広告配信プラットフォーム「360° ...

news058.jpg

訪日外国人観光客は結局、何を求めて日本にやって来るのか
「見にきてもらう」から「参加してもらう」へ。訪日外国人と浅草の関係は少しずつ変わり...