2016年10月12日 07時00分 UPDATE
特集/連載

4億台に到達も、普及ペースは鈍化が鮮明「Windows 10デバイス10億台時代」が2019年にやってくる“これだけの根拠”

「10億台のWindows 10デバイス」を目標に据えるMicrosoft。2016年9月に4億台を達成したが、台数の伸びには鈍化傾向が見られる。目標達成はいつなのか。既知の数字を基に考える。

[Ed Tittel,TechTarget]
画像 Windows 10の10億台達成はいつか(画面はMicrosoft Igniteのイベント紹介ページ)《クリックで拡大》

 Microsoft幹部は、同社のカンファレンス「Microsoft Ignite」が開幕した2016年9月26日、「Windows 10」が現在、4億台のアクティブデバイスで動作していることを明らかにした。このおかげで、Windows 10の現在の普及ペースと、従来の平均とを比べて考察することができる。

「4億台到達」が意味すること

ITmedia マーケティング新着記事

news094.jpg

LIFULLがAI導入の成果を報告、DMP施策でCVRが最大330%に
LIFULLは、2017年10月に導入したAppierのAI搭載データサイエンスプラットフォーム「AIXON...

news020.jpg

時代のニーズに合わない教育や企業研修システムが11兆5000億ドルの経済成長を阻む――アクセンチュア調査
スキルギャップが大きいと、新技術がもたらす恩恵を十分に享受できないかもしれません。

news139.jpg

Adobe Audience Manager Audience Marketplaceのデータプロバイダーに新たに4社が参画
「Adobe Audience Manager Audience Marketplace」のデータプロバイダーに新たに4社が参...