2016年08月24日 07時00分 公開
特集/連載

不可解なポリシー変更「Windows 10 Anniversary Update」で「Pro」ユーザーが悲鳴を上げる理由

Windows 10 ProにAnniversary Updateをインストールすると、企業のWindows管理者は、グループポリシーでサードパーティー製アプリのインストールをブロックできなくなる。この問題に多くの企業が悩んでいる。

[Ramin Edmond,TechTarget]
のAnniversary Update 新OSのバージョン番号は「1607」《クリックで拡大》

 企業のWindows管理者は、「Windows 10 Anniversary Update」のインストール後に「Windows 10 Pro」で、よく使うグループポリシー設定の一部を利用できなくなる。

 これまで管理者は、Windows 10 Proでグループポリシー項目「ストアアプリケーションをオフにする」を有効にすることで、ユーザーによるサードパーティー製Windowsストアアプリケーションのインストールをブロックできた。だが、Microsoftは2016年8月2日にリリースしたAnniversary Updateで、Windows 10 Proではこのグループポリシー項目を使えないようにした。7月29日までWindows 10の無償アップグレードキャンペーンを実施していたことから、多くのユーザーがWindows 10 Proに無料で移行している。

ITmedia マーケティング新着記事

news113.jpg

新型コロナウイルス感染拡大に関する不安 「経済への打撃」が「多くの死者が出ること」を上回る
McCann Worldgroupが世界14カ国で実施した意識調査の結果、政府の対応体制が「整っている...

news145.jpg

「70歳までの就労意識」をテーマとした調査を実施――富国生命調査
長期的に働く上でのリスクトップ3は「病気」「就業不能状態」「入院」。