2016年08月24日 07時00分 公開
特集/連載

「Windows 10 Anniversary Update」で「Pro」ユーザーが悲鳴を上げる理由不可解なポリシー変更

Windows 10 ProにAnniversary Updateをインストールすると、企業のWindows管理者は、グループポリシーでサードパーティー製アプリのインストールをブロックできなくなる。この問題に多くの企業が悩んでいる。

[Ramin Edmond,TechTarget]
のAnniversary Update 新OSのバージョン番号は「1607」《クリックで拡大》

 企業のWindows管理者は、「Windows 10 Anniversary Update」のインストール後に「Windows 10 Pro」で、よく使うグループポリシー設定の一部を利用できなくなる。

 これまで管理者は、Windows 10 Proでグループポリシー項目「ストアアプリケーションをオフにする」を有効にすることで、ユーザーによるサードパーティー製Windowsストアアプリケーションのインストールをブロックできた。だが、Microsoftは2016年8月2日にリリースしたAnniversary Updateで、Windows 10 Proではこのグループポリシー項目を使えないようにした。7月29日までWindows 10の無償アップグレードキャンペーンを実施していたことから、多くのユーザーがWindows 10 Proに無料で移行している。

ITmedia マーケティング新着記事

news161.jpg

コロナ禍で縮小したマーケティング施策 1位は「オフラインのセミナー/展示会」――ベーシック調査
B2Bマーケターを対象にした調査で8割以上が「コロナ禍で実施/検討しているマーケティン...

news110.jpg

メルカリ調査 フリマアプリで売れる価格は新品の購買意思決定にどれほど影響する?
フリマプリ出品経験者は、フリマアプリでの再販価格が10%上昇すると、新品に支払える上...

news024.jpg

Google検索における2020年上半期の動向 新型コロナの影響でSEOはどう変わる?
新型コロナウイルスの影響が大きかった2020年の上半期ですが、Google検索の動向において...