2016年07月20日 07時00分 公開
特集/連載

「Windows 10」次期更新で「Pro」ユーザーが迫られる“究極の選択”「App-V」「UE-V」が「Windows 10 Enterprise」に搭載へ(1/2 ページ)

Windows 10の大型アップデート「Windows 10 Anniversary Update」には、企業向けの新ツールや新機能が備わる。だが「Windows 10 Pro」のユーザー企業は落胆するかもしれない。

[Ramin Edmond,TechTarget]
Windows 10 Anniversary Update 企業向け機能が充実したWindows 10 Anniversary Updateだが……(画面はMicrosoftの製品紹介ページ)《クリックで拡大》

 「Windows 10 Anniversary Update」は、Microsoftが既存の「Windows 10」ユーザー向けに2016年8月2日にリリースする大型アップデートだ。企業向けの高度なセキュリティ機能に加え、Microsoftの仮想化ツールである「Application Virtualization(App-V)」「User Experience Virtualization(UE-V)」を搭載する。

 中〜大規模企業向けエディション「Windows 10 Enterprise」のユーザー企業には、App-VやUE-VをOSの一部として提供する。これらのツールを使うために必須だったボリュームライセンスプログラム「ソフトウェアアシュアランス」(SA)の契約は、ボリュームライセンスの内容によっては不要となる。

 一方で現在、小規模企業向けエディション「Windows 10 Pro」でApp-VとUE-Vを使用しているユーザー企業が、今後も両ツールの最新版を使い続けたい場合、Windows 10 Enterpriseへ移行する必要がある。それには時間もコストもかかる。

Windows 10 Proユーザーの戸惑い

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news014.jpg

「マーケティングオートメーション」 国内売れ筋TOP10(2021年8月)
マーケティングオートメーション(MA)ツールの顧客ドメイン数ランキングを紹介します。

news101.jpg

「日本企業的DX」の神髄(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news024.jpg

CEOと従業員の給与差「299倍」をどう考える?
今回は、米国の労働事情における想像を超える格差について取り上げます。