2016年10月20日 15時00分 UPDATE
特集/連載

「データ分析信者」が見誤ることスポーツへのデータ分析の活用が拡大、「行き過ぎ」批判も

スポーツにデータ分析を活用する動きが広がり、行き過ぎではないかとの議論も出ている。データに基づく判断は利益をもたらすが、どんな場合でも正しいとは限らない。

[Ed Burns,TechTarget]
画像 スポーツにおけるデータ分析の重要性を世に知らしめたマイケル・ルイス著『マネーボール』。ブラッド・ピット主演で映画化された《クリックで拡大》

 大学時代に、数学を専攻する学生と議論になったことがある。スポーツにおける予測可能性についてだ。メジャーリーグ球団の構築と管理に関する『マネーボール』のアプローチが比較的新しかったころのことだ。

 「どんな試合でも予測のつかないことが起こると本当に思っているのかい」。信じられないといったふうに彼は聞いてきた。私はそうだと答えた。当時は、スポーツデータ分析が全ての答えを持っているとは思えない理由を説明できなかったが、今でも、私は聞かれたら同じように答える。そして今なら理由も言える。

 プロバスケットボールのヒューストンロケッツのここ数年を例に取ろう。このチームは2012〜2013シーズンに、NBAで最も得点が多いチームの1つだった。主にスーパースターのジェームズ・ハーデンのおかげだ。彼はバスケットボールの分析オタクの人気者だ。そのシーズン後に、ロケッツはドワイト・ハワードを獲得した。リーグでトップクラスのセンターで、分析を駆使したロケッツの戦術にぴったりと思われていた。

人の感情はデータでは予測不能

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

現代人の30のメディアライフスタイルとは?――電通調査
電通はビデオリサーチと共同で、生活者のメディア視・聴・読習慣を可視化し、30のメディ...

news061.jpg

「Adobe Audience Manager Audience Marketplace」が国内で利用可能に
Adobe Systemsは、同社の顧客とデータプロバイダー間のデータ取引を行う機能「Adobe Audi...

news045.jpg

売れるネット広告社、「確認画面後でアップセル」で特許権を取得
売れるネット広告社は、「確認画面後でアップセル」についての特許権を取得したと発表した。