2017年01月10日 08時00分 UPDATE
特集/連載

作業員をすぐさま“熟練工”に変える「拡張現実」と「IoT」さえあれば専門知識はもういらないのか? (1/2)

インターネットに接続するデバイスから得たデータと、拡張現実(AR)を使った可視化技術の組み合わせによって、工場などで働く現場作業員の働き方が変わる可能性がある。

[Beth Stackpole,TechTarget]
画像 ARとIoTの組み合わせで生まれる可能性とは

 モノのインターネット(IoT)が2016年の大ヒットだとすれば、拡張現実(AR)がその座を間もなく奪う可能性がある。ARは、インターネット接続型のデバイス(IoTデバイス)で何が起きているかを容易に確認できるようにする技術だからだ。

 米バージニア州ウィリアムズバーグに本拠地を置くカスタムARサービスベンダーのIndex AR Solutionsで最高執行責任者(COO)を務めるデクスター・リリー氏によれば、IoTとARは間違いなく夢の組み合わせだという。「IoTは集めたデータを情報に変えるだけだが、その情報を利用者にとって扱いやすい形で提供するのがARだ」と同氏は説明する。

ARがIoTデバイスのデータを可視化

       1|2 次のページへ
この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

電通デジタル、デジタル広告効果の新指標「ビュースルー行動転換率」を開発
電通デジタルは、デジタル広告の効果測定において、クリックありきではなく広く接触経験...

news008.jpg

スターバックス コーヒー ジャパンが考える「差別化」と「エンゲージメント」の意味
2017年6月に行われた「CMO Japan Summit 2017」の中から、スターバックス コーヒー ジャ...

news032.jpg

セキュリティカメラを活用したCRMシステム、ボッシュセキュリティシステムズとブレインパッドが提供
ボッシュセキュリティシステムズとブレインパッドは、マーケティング領域での連携サービ...