2017年01月11日 12時00分 UPDATE
特集/連載

コストを掛けずにトラブルに強いシステムを構築する新しいハードウェアいらずのITシステム“回復力”増進法

新しいアプリケーションアーキテクチャ、スナップショット、コンテナ化といったテクノロジーによって、サーバの台数を変えずに復旧しやすいITシステムを実現できる。

[Stephen J. Bigelow,TechTarget]
障害を完全に防ぐことは不可能に近い。重要なのはいかにして速く復旧できるシステムの「回復力」だ

 障害が発生したITシステムをいかにして早く復旧させるかの問題(この記事では、この“復旧のしやすさ”を「回復力」と呼ぶことにする)は、大企業のエンタープライズアプリケーションだけの懸念事項ではない。オンライン店舗、モバイルユーザー、各種タスク向けのソフトウェアを開発および展開している企業でも、ワークロードの回復力に対する関心は高まっている。

 従来のハードウェアベースのクラスタは、今でもデータセンターで運用している重要なアプリケーションの回復力を確保する有力な選択肢となっている。ただし、これから紹介する5つの選択肢では、ハードウェアに大きな投資をせずともアプリケーションの回復力を高めることができる。

この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

電通デジタル、デジタル広告効果の新指標「ビュースルー行動転換率」を開発
電通デジタルは、デジタル広告の効果測定において、クリックありきではなく広く接触経験...

news008.jpg

スターバックス コーヒー ジャパンが考える「差別化」と「エンゲージメント」の意味
2017年6月に行われた「CMO Japan Summit 2017」の中から、スターバックス コーヒー ジャ...

news032.jpg

セキュリティカメラを活用したCRMシステム、ボッシュセキュリティシステムズとブレインパッドが提供
ボッシュセキュリティシステムズとブレインパッドは、マーケティング領域での連携サービ...