2016年01月25日 08時00分 公開
特集/連載

まずは問題の切り分け月曜朝からアプリがフリーズしても焦らない、Windows障害対応の基本とは

アプリケーションは、さまざまな理由でフリーズしたり、動作が停止したりすることがある。例えば、不良メモリ、OSやアップデートの問題などだ。「Windows」でよくある問題の切り分け方を紹介する。

[Brien Posey,TechTarget]
イメージ

 アプリケーションが固まって動かなくなる問題を引き起こす潜在的な原因は無数にある。そのため、この問題を解決するのはストレスのたまる作業だ。

 アプリケーションがフリーズするという問題に直面している場合は、他のユーザーが同じアプリケーションで問題を抱えているかどうかを確認してみてほしい。それから、システムの設定が他のユーザーと同じかどうかも確認することをお勧めする。複数のユーザーが同じアプリケーションで問題を抱えている場合、そのアプリケーションにはバグが潜んでいる可能性が高い。それとは逆に、他のユーザーの環境で問題が発生していないなら、問題は特定のユーザーに限られたものだと判断できる。

ITmedia マーケティング新着記事

news145.jpg

「70歳までの就労意識」をテーマとした調査を実施――富国生命調査
長期的に働く上でのリスクトップ3は「病気」「就業不能状態」「入院」。

news139.jpg

新型コロナウイルスの感染拡大で注目される「巣ごもり消費」に関する意識――カンム調査
外出控えムードの中、消費意欲は「自宅でのエンタメ」に向かっているようです。