2016年01月25日 08時00分 公開
特集/連載

月曜朝からアプリがフリーズしても焦らない、Windows障害対応の基本とはまずは問題の切り分け

アプリケーションは、さまざまな理由でフリーズしたり、動作が停止したりすることがある。例えば、不良メモリ、OSやアップデートの問題などだ。「Windows」でよくある問題の切り分け方を紹介する。

[Brien Posey,TechTarget]
イメージ

 アプリケーションが固まって動かなくなる問題を引き起こす潜在的な原因は無数にある。そのため、この問題を解決するのはストレスのたまる作業だ。

 アプリケーションがフリーズするという問題に直面している場合は、他のユーザーが同じアプリケーションで問題を抱えているかどうかを確認してみてほしい。それから、システムの設定が他のユーザーと同じかどうかも確認することをお勧めする。複数のユーザーが同じアプリケーションで問題を抱えている場合、そのアプリケーションにはバグが潜んでいる可能性が高い。それとは逆に、他のユーザーの環境で問題が発生していないなら、問題は特定のユーザーに限られたものだと判断できる。

ITmedia マーケティング新着記事

news111.jpg

NECが取り組む営業のデジタルシフト 「会えば何かが起こる」から「先に課題を提示できる」営業へ
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大に伴い企業活動の在り方も大きな変更を迫られ...

news137.jpg

「メディアの伝えることの信頼性が気になった」65.1%――博報堂DYメディアパートナーズ調査
「緊急事態宣言解除後のメディア接触調査」の結果から見えてきた3つのこととは。

news055.jpg

外出自粛による「孤立感」は案外低く「所有意向」は上昇 新型コロナによる意識変化――日本テラデータ調査
新型コロナウイルスと関連した消費者の不安、不自由、孤立、情報について日本の消費者を...