2016年02月16日 12時00分 UPDATE
特集/連載

クラウドで再定義される組織の役割システムの“障害と復旧”ばかりを考えているIT部門は本当に遅れてしまう

企業のクラウド化を成功させるためには、企業のITに対する考え方を変革する必要がある。どのような変わるべきなのか?

[Paul Korzeniowski,TechTarget]
Forrester Research Forrester Researchの公式Webサイト《クリックで拡大》

 数十年前、最初のメインフレームを導入して以来、企業はクライアントPCのセットアップに要する時間を短くし、クライアントPCを利用できる時間を可能な限り伸ばそうとしてきた。ITの高度なオートメーション化を目指すクラウドコンピューティングは、そうした企業が目指す方向に合致する最新の技術革新だ。しかし、クラウド導入はITを長く支配してきたマインドセットの変革を意味する。それが今、多くの企業でトラブルを生みつつある。

 歴史的に、IT部門は自分たちの時間の多くをコンピュータシステムの管理に費やしてきた。コマンドラインインタフェースに向かってコマンドと打ち、ストレージの割当やユーザー権限の設定などのタスクをしてきた。調査会社Forrester Researchの最近の調査によると、IT部門の作業時間の70〜75%は単に「ランプがオンになっている状態を維持する」だけであり、言い換えれば、さまざまなシステム障害を切り分け、復旧するにすぎない。

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

ラグビーに関心を持つ人が急増――マクロミルと三菱UFJリサーチ&コンサルティングが調査
「2019年スポーツマーケティング基礎調査」の結果から速報値を紹介します。

news126.jpg

Qlik、SaaS版セルフサービスBI製品「Qlik Sense Business」を発表
Qlikの特許技術である連想インデクシング(Associative Indexing)による高度なアナリテ...

news010.jpg

日本人の1日のメールチェック時間は仕事用77分、私用53分 調査対象7カ国で最短――Adobe調査
メールの開封率およびエンゲージメント率向上のためにはまず、企業からのメールがいつ、...