2016年「Docker」「OpenStack」でヒットを狙うベンダーと、独走AWSの行方2015年クラウド業界10大ニュース【後編】(1/2 ページ)

2015年クラウド業界10大ニュース。後編ではDockerやOpenStackといった先進的な技術、IBMやAmazonといった大手ベンダーの動向をまとめた。

2016年01月12日 15時00分 公開
EMCジャパンの公式Webサイト《クリックで拡大》

 前編「クラウド業界の大型買収や統廃合を振り返る、あのサービスはどうなった?」では、米Dellによる米EMCの買収、米Hewlett Packard Enterprise(HP)のパブリッククラウド撤退、米Googleと米VMwareとの提携といったビッグニュースをまとめた。

Tutum買収で進む「Docker」コンテナ管理の強化

 2015年には米Dockerコンテナ周辺で数々の動きがあったが、Dockerが「SaaS」(Software as a Service)プロバイダーの米Tutumを買収したことは今後を示す大きな出来事だった。

 Dockerが10月にTutumを買収した目的は、エンタープライズ機能の強化と、Tutumのコンテナ管理技術の統合だ。その背景として、オープンソースDockerプロジェクトがコンテナの形式とランタイムの事実上の業界標準になってきたという状況がある。競争がますます激しくなってきているコンテナのオーケストレーションと管理の市場で戦うというDockerの決意の表れでもある。

 米451 Researchの調査マネジャー、ジェイ・ライマン氏は「コンテナ管理市場の戦いの火蓋が切られた」と話す。

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news065.jpg

アップルのiPad Pro炎上CMにサムスンが一撃 「クリエイティビティーはCrushできない」
Appleらしからぬマーケティングの失敗から数日後、Samsungは「Galaxy Tab S9」を訴求する...

news063.jpg

電話・スマホでのコミュニケーションは「通話」? 「テキスト」?
クロス・マーケティングが全国の20〜69歳男女を対象にした調査によると、電話やスマホで...

news061.png

商品のパッケージが変わると購入意欲につながる?
商品のパッケージデザインの一新が新規購入とその後のリピート購入にどの程度つながって...