2017年02月14日 08時00分 UPDATE
特集/連載

「Apple Storeでは不可能だった」と担当者「iPad mini」1万5000台を客室乗務員に配布、航空会社は大規模導入をどう実現したか (1/2)

米国内の10拠点で働く客室乗務員に「iPad mini」を配備したSouthwest Airlines。1万5000台という大量のiPad miniをどのように導入したのか。

[Colin Steele,TechTarget]

関連キーワード

iPad | Apple | iPad mini | タブレット


画像 航空会社の間で広がるタブレット活用

 米国の客室乗務員(以下、CA)は、応急処置の要点や最新の安全要綱などの重要な情報が記載されたフライトマニュアルを携帯する必要がある。その内容は定期的に変更されるものの、紙媒体のマニュアルでは改訂や更新が容易でない。

 格安航空会社(LCC)大手のSouthwest Airlines(サウスウエスト航空)の戦略的運航計画部門でシニアマネジャーを務めるロン・フリーア氏は、「マニュアルは隔週で変更していた。これは面倒で、決してスマートとはいえない作業だった」と振り返る。

「iPad mini」でマニュアルをデジタル化

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

電子書籍の閲覧デバイスはスマートフォンが主流、10〜20代では9割に迫る――マクロミル調査
いまだに読書は「紙」が主流。ユーザーの84%が紙の書籍を利用しているそうですが、週数...

news150.jpg

DataRobotとMarketoが連携、AIで業務の自動化と高精度な予測分析を一挙に実現
DataRobot Japanとマルケトは、「Marketo」と「DataRobot」のAPIによる接続検証を行い、...

news097.jpg

HubSpot CMOに聞いたインバウンドマーケティングの新フレームワーク「フライホイール」のこと
HubSpotが提唱するインバウンドマーケティングを実践するための新フレームワークと製品体...