2016年10月14日 12時00分 公開
特集/連載

ユナイテッド航空はパイロットの使うiOSアプリが安全運行を支えているパイロットに乱気流の情報をリアルタイム配信

ユナイテッド航空は、「iOS」のカスタムアプリケーションとエンタープライズモバイル管理(EMM)ソフトウェア「VMware AirWatch」を使って、搭乗者の安全を確保しているという。どのような取り組みだろうか。

[Ramin Edmond,TechTarget]
AirWatch AirWatchのWebサイト(出典:ヴイエムウェア)《クリックで拡大》

 IT管理者の助けを借りられない上空4万フィートでは、信頼できる技術が鍵となる。

 ユナイテッド航空のIT部門とオペレーション部門には、パイロット用のアプリケーションとデバイスを、必要なときに正しく動作させる責任がある。その任務の重要性は物理的にも比喩的にも、極めて高い。ユナイテッド航空の1日の出発便数は4500便を超える。となれば、できる限り最高のモバイル技術を採用すべきだろう。だからこそ、Apple「iOS」のカスタムアプリケーションを開発し、導入した。ユナイテッド航空で次世代航空管制システムおよびコックピット技術担当ディレクターを務めるジョン・メリット氏はそう話す。

ITmedia マーケティング新着記事

news030.jpg

コンテンツSEOでやらかしてしまいがちな3つの勘違い
ITmedia マーケティングで2021年3月に連載して多くの反響をいただいた「勘違いだらけのEC...

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...