2017年02月26日 08時00分 UPDATE
特集/連載

防塵/防水があれば完璧だった徹底レビュー:ダブルレンズカメラ搭載の頑丈スマホ「HUAWEI Mate 9」 (1/4)

「HUAWEI Mate 9」には革新的な実装はないものの、2017年のスマートフォンを代表する3つの機能が搭載されている。「極薄のベゼル」「人工知能(AI)」「ダブルレンズカメラ」だ。

[Jamison Cush,TechTarget]
HUAWEI Mate 9《クリックで拡大》

 HUAWEIの「HUAWEI Mate 9」は見た目も中身も優れた製品だ。TechTargetはダブルレンズカメラを搭載している点を高く評価している。防塵(じん)機能と防水機能を搭載していれば非の打ちどころがない仕上がりだが、2017年前半における優秀なスマートフォンの1つになるのは確実であろう。

 HUAWEIの「HUAWEI Mate 9」には、2017年のスマートフォンを代表する3つの機能が搭載されている。それは「極薄のベゼル」「人工知能(AI)」「ダブルレンズカメラ」だ。

 HUAWEI Mate 9については特に革新的な実装はない。スマートフォンメーカーが小型の本体に大型のディスプレイを組み込むようになったことで、長い年月をかけてベゼルの薄型化は進んでいる。ダブルレンズカメラは急速に標準となり、HUAWEIもダブルレンズカメラを搭載したデバイスを複数発売済みだ。Googleの「Googleアシスタント」、Appleの「Siri」、Microsoftの「Cortana」、Amazon.comの「Alexa」など、音声によるAIは特別なものではない。

 優れたハードウェアとハイエンドなスペックにより、HUAWEIは高品質なスマートフォンを実現している。これは2016年にリリースされた「HUAWEI Mate 8」の後継機としてリリースされた大型のHUAWEI Mate 9が目指すところだろう。

 HUAWEIは、同社の最新かつ最高のモデルで、申し分ないスマートフォンを実現することができたのだろうか。本稿では、それを検証する。

HUAWEI Mate 9の構造とデザイン

       1|2|3|4 次のページへ

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news087.jpg

Webと店頭サイネージを連動する動画広告、マイクロアドデジタルサイネージとCyberBullが提供
マイクロアドデジタルサイネージはCyberBullと共同で、小売店の店頭サイネージと連動する...

news043.jpg

無料DMP「Juicer」とマーケティングプラットフォーム「HIRAMEKI」が連携
トライベック・ストラテジーは、マーケティングプラットフォーム「HIRAMEKI management」...

news129.jpg

VR/AR利用ユーザーの行動を可視化したマーケティングプラットフォーム、オプトが開発
オプトは、VR/ARを活用したプロモーションのためのプラットフォーム「drop:VR360°動画...