2017年06月11日 08時00分 UPDATE
特集/連載

アスペクト比18:9が目を引く徹底レビュー:「LG G6」は縦長ディスプレイで「Galaxy S8」に勝負を挑む? (1/2)

LG Electronicsの「LG G6」はアスペクト比18:9ディスプレイを搭載したフラッグシップモデルのスマートフォンだ。Samsung Electronicsの「Galaxy S8」と比較して、使い勝手はどうだろうか。

[Dragan Petric,TechTarget]
LG Electronicsの「LG G6」《クリックで拡大》

 LG Electronicsが2017年の同社のフラグシップモデルとしてリリースした「LG G6」に備わっている3つの特徴により、LG G6は過去のモデルと一線を画す仕上がりとなっている。1つは、18:9のアスペクト比を実現した5.7型のQHD+ディスプレイ。もう1つは、異なる焦点距離の13MP広角レンズを搭載した背面デュアルカメラ。そして3つ目の特徴は、本体がアルミニウムのフレームを採用したガラス仕上げになっていて、ベゼルが極薄であることだ。

 ところが、LG G6には、Qualcommの「Snapdragon 821」が搭載されている。Snapdragon 821はパワフルだが、Qualcommが提供する最上位プロセッサではなく、フラグシップに近いとされるスマートフォンに適したプロセッサだと考えられている。それから、ソニーが2015年に発売した背面カメラのセンサーとCorningの「Gorilla Glass 3」が搭載されている。前者はミッドレンジのデバイスで採用されているもので、後者は前モデルの「LG G5」で採用されていたものより1世代古い保護層だ。LG G6の全体的な印象はとても良い。Samsung Electronicsの「Galaxy S8」に真っ向から勝負を挑める機種であることは間違いない。パワーという点ではGalaxy S8に及ばないが、価格は手ごろだ。

       1|2 次のページへ

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news128.jpg

トライバルメディアハウスがPinterestと協働プロジェクトを開始
トライバルメディアハウスは、ピンタレスト・ジャパンと協働でプロジェクトを進めること...

news109.jpg

「リードが足りない」の解消へ、toBeマーケティングとWEICが「MAPlus NIKITA」を提供
toBeマーケティングとWEICは、戦略的業務提携を行い、MA運用におけるリード数不足を解決...

news143.jpg

読売新聞社がコンテンツマーケティング事業に参入、「YOMIURI BRAND STUDIO」を設立
読売新聞社は企業のコンテンツマーケティングを支援するため「YOMIURI BRAND STUDIO」を...