2017年09月11日 05時00分 公開
特集/連載

コンテナ採用、新課金モデルの動きも超速で進化するハイパーコンバージド(HCI)技術、次は脱ハイパーバイザー (1/2)

ハイパーコンバージド技術が進化している。従来のハイパーバイザーではなく、コンテナ技術をサポートする製品も登場。新しい課金モデルが現れるなど市場の変化が激しい。

[Ed Scannell,TechTarget]

関連キーワード

ハイパーバイザー | 垂直統合


コンテナ技術を採用したDiamantiのWebサイト《クリックで拡大》

 ハイパーコンバージドインフラ(HCI)テクノロジーは、Nutanixなどの貢献により、ここ数年間人気を博している。サーバのハードウェアとソフトウェアを緊密に統合するHCIは、企業のIT部門から注目を集め、その投資額も増加の一途をたどる。

 恐らく、この好調さは今後も続くだろう。複数の調査市場会社が2020年までの成長率が20〜30%に達すると予測している。この成長の陰で、Intelプロセッサを搭載する数千台に及ぶ旧式専用スタンドアロンサーバが一掃されることになる。

 だが、非常に競争の激しいコンピューティング業界では、「常に変わらないのは、変わることのみ」という格言が圧倒的な影響力を持つことに変わりはない。この1年で少数のスタートアップ企業や大手ベンダーがコンテナベースの製品や、独創的な従量課金制の製品を世に送り出している。標準的なHCIは、こうした製品に置き換わっていく可能性がある。少なくとも、提供やサポートのアプローチは新しくなる。

サーバ&ストレージ ナビ

ハイパーコンバージドインフラ


ハイパーバイザー再考

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news118.jpg

PR TIMES LIVE、「TechCrunch Tokyo 2018」のライブ配信を実施
2018年11月15、16日に開催される日本最大級のスタートアップ・テクノロジー の祭典「Tech...

news034.jpg

Marketo×DataRobotの連携で見えた「AIドリブンマーケティング」の未来
「AIの民主化」でマーケティングはどう変わるのだろうか。【訂正あり】