2017年12月04日 05時00分 公開
特集/連載

「データのインベントリ」が重要にGDPR(一般データ保護規則)に「エンドポイント管理製品」が役立つ点、不十分な点

エンドポイント管理製品は、IT部門がEUの「一般データ保護規則」(GDPR)を順守するのに役立つ可能性があるが、まだ不十分な点もある。それは何か。

[Alyssa Provazza,TechTarget]
画像 GDPR順守を支援するエンドポイント管理製品の機能を整理

 欧州連合(EU)が新たに制定した、本格的な個人データ保護に関する規則「一般データ保護規則」(GDPR)の施行が迫る中、各国の企業が順守のための準備を進めている。企業にとって最大の難問は、どのようなデータをどう利用するのかを明確にしなければならないことだ。

 2018年5月に施行となるGDPRは、個人データの保管と処理に関する規則である。企業のIT部門は従業員と顧客の情報の扱い方を見直し、新たなセキュリティ要件に対処しなければならない。IT部門がGDPRに順守するには、エンドポイント管理製品が重要な役割を果たす。ただし、こうしたツールの多くは「必要な機能を全て備えているわけではない」と専門家は指摘する。

 企業のモバイルデバイス活用を専門とするオランダのコンサルティング企業、MobileMindzの共同創業者であるダニー・フリートマン氏は「多くの企業がGDPRによる大きな変化に対処できないだろう」と話す。

 EUの規則であるGDPRは、EU居住者のデータの保護を目的とするが、その影響は全世界に及ぶ。米国企業であっても、例えばEUに拠点がある場合やEUのコンサルタントを利用する場合、あるいはEUに顧客がいる場合には、同規則を順守しなければならない。自宅の住所やIPアドレス、銀行口座情報といった、従業員および顧客の個人を特定できる情報(PII)を扱う企業のほとんどが、GDPRの適用対象になるとみられる。

エンドポイント管理製品がGDPRで果たす役割

 IT部門がGDPR順守を進めるのに役立つエンドポイント管理の製品分野としては、モバイルデバイスやそのアプリケーション、コンテンツを統合管理する「エンタープライズモビリティー管理」(EMM)製品、情報/ID管理製品などがある。

 EMMをはじめとするエンドポイント管理ツールは、管理者が以下の技術や機能を実現するのに役立つ。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news075.jpg

KPIの到達可能性をAIが判断して広告配信を自動最適化、マイクロアドが「UNIVERSE FFM Version1.0」を提供
マイクロアドは、「UNIVERSE フルファネルマネジメント Version1.0」を提供開始した。

news061.jpg

マーケティングオートメーション×LPO トライベック・ストラテジーとデータアーティストがツール連携
トライベック・ストラテジーとデータアーティストは、それぞれが提供するツールの連携を...

news053.jpg

電通デジタルとビービット、マーケティングオートメーションのシナリオをPDCAで支援する独自メソッド提供
電通デジタルはビービットと共同で、デジタル行動観察ツール「ユーザグラム」を活用し、...