2017年09月29日 09時00分 公開
特集/連載

「Windows 10」のユーザーデータ収集機能に企業はどう対処すべきか?テレメトリー機能が収集する4段階のレベル

Microsoftは「Windows 10」のテレメトリー機能を使ってユーザーデータを収集している。実際どのようなデータが収集され、そして企業はどう備えるべきなのだろうか。

[Michael Cobb,TechTarget]

 Microsoftは「Windows 10 Creators Update」のテレメトリー機能を使って収集するユーザーデータの種類を、特定のエディションで「セキュリティ(Security)」「基本(Basic)」「拡張(Enhanced)」「フル(Full)」の4段階に分類している。各段階では実際どのようなユーザーデータが収集され、どのようなプライバシーの懸念を伴うのだろうか。

「フィードバックと診断」はテレメトリーの重要な役割《クリックで拡大》

 テレメトリーとは、取得したデータをベンダーに自動送信するシステムのことであり、多くのソフトウェア開発プログラムがこの機能を備えている。開発者にとってこうした収集データは、開発したソフトウェアの使用頻度や人気の高い機能を把握したり、クラッシュの原因を特定したり、さまざまな洞察を得るのに役立つ。

ITmedia マーケティング新着記事

news066.jpg

Snowflakeデータマーケットプレイスが目指すもの クラウドDWHから他社データ活用、そして自社データ収益化へ
2020年9月に新規株式公開(IPO)を果たし、時価総額が一時約700億ドルとなって話題を呼ん...

news007.jpg

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年6月)
デジタル需要が拡大する中、自社サイトの運営でクリック率やコンバージョン率の向上に欠...

news138.jpg

今さら聞けない「ウェビナー」の始め方(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...