2017年12月11日 05時00分 公開
特集/連載

検出、検査、負荷分散「Kubernetes」の可用性を高める3つのコンポーネント

サービスレジストリがマイクロサービスの世界でシームレスに機能するには、微調整や再設計が必要だ。本稿ではサービスレジストリを適切に管理する方法と、「Kubernetes」の可用性を高める3つ機能を説明する。

[Twain Taylor,TechTarget]

関連キーワード

Google | Google Compute Engine | データベース


 サービスレジストリは、ネットワーク上のクライアントとサーバの中間に位置し、双方へのアクセスを制御する。サービスレジストリは、アプリケーションスタックで重要な役割を果たし、エンドユーザーの操作性に大きな影響を与える。マイクロサービスの使用が増加し、相互通信するサービスが急増しているため、サービスレジストリが果たす役割がますます重要になる。

 サービスレジストリがマイクロサービスの世界でシームレスに機能するには、微調整や再設計が必要だ。さらに重要なのは、古いモデルとは異なるガバナンスが必要になることだ。本稿ではサービスレジストリを適切に管理する方法と、Googleのコンテナオーケストレーションツール「Kubernetes」などの最新プラットフォームがこうした管理に適している理由を説明する。

動的にサービスを検出するKubernetes

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

「SATORI」が機能アップデート、シナリオ機能を強化
SATORIはマーケティングオートメーションツール「SATORI」の機能アップデートを発表した。

news012.jpg

AIで社会課題を抽出して国会議員に届けてみた結果――東大・電通PR・ホットリンク調べ
国会議員の政策策定にもAIを活用する日がくるかもしれません。

news028.jpg

電通が分類する30の「メディアライフスタイル」はなぜ生まれたのか、ここから何が見えてくるのか
電通メディアイノベーションラボが類型化する30の「メディアライフスタイル」。これによ...