2018年02月08日 05時00分 公開
特集/連載

iPhone旧機種の性能低下問題にも対応iPhone、iPadのiOSをアップデートしたくない人に朗報、iOS 11.3で更新延期機能を実装

Appleデバイス管理者の悩みの種だった、iOSアップデートの管理機能がついに実装される。古いiPhoneを意図的に遅くした問題も同じタイミングで解消予定だが、もしかしたらそれは「Appleの策略」なのかもしれない。

[Colin Steele,TechTarget]
画像 「アップデートしましょう」「いいえ、結構です」

 もうすぐAppleの「iOS」バージョン11.3へのアップデートが始まる。IT担当者は従来のモバイルデバイス管理(MDM)では個々のデバイスに対するiOSアップデートをブロックできなかった。今回のアップデートによってデバイス管理者は初めて、ユーザーが最新OSを各自でインストールしてしまうことを一時的に制限できる。この制限はiPhoneやiPadを監視モードで利用している場合にのみ適用され、ある管理業務をするためには管理ツールである「Apple Configurator」が必要となる。このモードは、教育や会社所有のデバイスを利用する場面などでの利用が一般的には想定されている。

 iOSアップデートをブロックできるようになると、IT担当者は新しくリリースされるOSを導入する前に、アプリケーションの互換性やOSのバグを検証する時間が取れるようになる、とAppleの管理者は伝えた。しかしその時間には限りがあり、IT担当者はアップデートを長期間ブロックできない予定だ。Appleはアップデートの適用延長を、デフォルトでは30日、最大で90日としている。指定された期間が過ぎると、ユーザーがダウンロードとインストールをできる状態に変わる。デバイス上に全ての利用可能なアップデートを表示する。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news118.jpg

AdRollが日本でも「ネイティブ広告」の販売を開始
AdRollは、米国にて提供中の「ネイティブ広告」のサービス提供を日本でも開始した。

news050.jpg

Twitter上でユーザーとのコミュニケーションを自動化、サイバーエージェントがサービス提供
サイバーエージェントは、Twitter上での企業とユーザーのコミュニケーションを自動化する...

news122.jpg

人工知能「Adobe Sensei」はCMSをどう変えるのか?
アドビ システムズが2018年4月に提供開始する「Adobe Experience Manager」最新版の特徴...