2018年03月18日 05時00分 公開
特集/連載

IT部門ができることスマートフォンのマルウェア感染をなくすには?

スマートフォンを狙うマルウェアの最新情報を入手し、セキュリティポリシーを策定して脆弱性に対処するための、基礎的なポイントを整理した。

[Matt Schulz,TechTarget]

 テクノロジーは変化している。だが、それほど変わらないこともある。それは、ビジネスに大損害を引き起こそうとするハッカーの存在だ。

 モバイルOSという点で、多くのスマートフォンウイルスが報告されているのはGoogleの「Android」だ。だが、ここ数年、Androidのセキュリティアーキテクチャは改善されている。

 Androidユーザーは、古いバージョンのOSを搭載するスマートフォンを使用していることが珍しくない。そのため、市場にはさまざまな種類のAndroidのOSバージョンが存在することになる。その結果、攻撃者は古いハッキング技術で攻撃を仕掛けることができると考えられる。わざわざ身代金要求型マルウェア(ランサムウェア)の防御に優れた新しいOSへの攻撃方法を学習する必要はない。これは事実だ。「Android Nougat」などの最近のAndroid OSは、攻撃者がスマートフォンにウイルスを感染させるのが難しくなっている。

 セキュリティを強化する手法はここ数年変わっていない。IT部門では、エンタープライズモビリティー管理(EMM)を導入することで、スマートフォンのウイルスを防ぐことができる。脅威をコンテナ化し、適切なセキュリティポリシーを策定することで、IT部門は企業データにアクセスしようとするスマートフォンウイルスを軽減または除去できる。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news096.jpg

「KARTE for App」がモバイル計測ツール「Adjust」とデータ連携
「KARTE for App」がモバイル計測ツール「Adjust」とデータ連携を開始した。

news056.jpg

「C CHANNEL」、訪日タイ人をターゲットに想定した動画広告メニューを提供
C Channelは、タイ子会社のC CHANNEL(Thailand)において、訪日タイ人観光客向けに商品...

news020.jpg

カードタイプの電子マネー、地方で強いのは「WAON」――MMDLabo調べ
MMDLaboは、「2018年5月モバイル決済 利用者・未利用者比較調査」を発表しました。それに...