2018年03月31日 05時00分 公開
特集/連載

ノートPCの置き換えは可能かiPad Proを仕事で使って納得する人と不満な人の違い

Appleの「iPad Pro」が常に企業での使用に耐えられるとは考えない方がよい。ITプロフェッショナルは、まず、デスクトップPCやノートPCの代わりにiPadを使用するのに適した環境を検討すべきだ。

[Matt Schulz,TechTarget]

関連キーワード

iPad | Apple


iPad ProはSmart Keyboardを付ければノートPCと同様に使うことができる

 Appleの「iPad Pro」は仕事に使うのに適しているかもしれないが、問題解決の特効薬ではない。そのため、ITプロフェッショナルはiPad Proが最適に機能するユースケースを見極めなければならない。

 タブレットの究極の目的は、ノートPCに取って代わることだろう。そのため、タッチスクリーンやペンを擁してポータビリティーを持たせ、デスクトップが実現できるオフィスの生産性タスクを全て実行できるアプリを組み合わせている。そして全てがWi-Fiを使ってシームレスに機能する。

 特定のユースケースでは、iPad Proが取って代わる可能性がある。だが、ノートPCの処理能力を必要とするユースケースもわずかにある。とはいえ、iPad Proのスペックは、基本的なノートPCにほぼ匹敵する。

 iPad Proは2015年にAppleがストレージを増量し、プロセッサを高速にし、画面解像度を上げて以来、あまり変わっていない。だが、オフィスソフトウェアや電子メールを使用して日常業務の大半を処理するだけの堅牢さを備えている。

変化している職場

 そこで、iPad Proのスペックがビジネスユーザーのニーズを十分に満たし、その価格もITプロフェッショナルとして容認できるとしよう。では、ここ数年、職場では変化が起きているだろうか。答えはイエスだろう。Appleの「Apple Pages」、Googleの「Googleスライド」、Microsoftの「Microsoft Office」など、Apple、Google、Microsoftが提供するモバイル向け生産性向上ソフトウェアによって、エンドユーザーは自身が利用するアプリを使ってオフィスソフトウェアの全てのニーズに対応できるようになっている。

 iPadの制限事項の1つは、多くの場合、HDMIアダプター経由でしかプレゼンテーションを表示できないことにある。だが、企業の多くのオフィスは最新の会議室を用意し、HDMIコードやAppleの「Apple TV」を備えたテレビやモニターに接続できるようになっている。ちなみに、Apple TVは接続にAirPlayを使用する。

 Web会議ソフトウェアアプリにより、iPad Proのユーザーは会議に参加できる。だが、これらのツールはここ3年大きく改善されていない。そのため、デスクトップを利用しなければ会議の共有は困難になる。

 「Box」など、クラウドストレージアプリにより、エンドユーザーは大きなファイルを保存し、どこからでも資料にアクセスできるようになった。「Slack」などのコラボレーションアプリ、「Workday」などの人事アプリにより、ユーザーは数年前には利用できなかった多くのエンタープライズ機能にアクセスできるになった。

 こうしたアプリの多くは、提供企業がモバイル優先のデザインに力を入れているため、デスクトップやノートPCよりもモバイルデバイスで適切に機能する。iOS 11によるマルチタスキングは、実際には2台のモニターを使用するよりも効率が良い。

 iPad Proを仕事に利用することでメリットが得られるのは以下のような従業員だ。

ITmedia マーケティング新着記事

news135.jpg

オープンソースCMS「Drupal」商用版提供のAcquiaが日本市場に本格参入
Acquiaは、日本支社としてアクイアジャパンを設立したと発表した。

news115.png

Macbee Planetの成果報酬型広告運用支援ツール「Robee」、DACのDMP「AudienceOne」とデータ連携
Macbee Planetは、同社が提供する成果報酬型広告運用支援ツール「Robee」を、デジタル・...

news018.jpg

ミレニアル世代の85%が動画視聴後に購入の意思決定――Brightcove調査
動画コンテンツは購入の意思決定にどう影響しているのでしょうか。