2018年06月20日 05時00分 公開
特集/連載

“脱ロックイン”でユーザー増を狙うGoogle Cloud Platform(GCP)最新情報、「Cloud Composer」「Asylo」「gVisor」のインパクトは? (1/2)

「損して得取れ」――。Googleが「Google Cloud Platform」で示した新たな戦略は、そんな古い格言を想起させる。

[Trevor Jones,TechTarget]
画像

 複数のクラウドサービスを併用するマルチクラウドが広がる中、Googleが打ち出した新たな戦略の意図は、直観的には分かりにくい。それは他社のクラウドサービスへの出口を増やし、その結果として、より多くのユーザー企業を自社のクラウドサービスに誘い込もうとするものだ。

 Googleは最近実施した、クラウドサービス群「Google Cloud Platform」(GCP)のアップデートで、移植性を高める3つの変更を加えた。

  • オープンソーステクノロジーと結び付くワークフローサービス「Cloud Composer」の提供
  • 機密性の高い処理に適したオープンソースベースのサービス「Asylo」の提供
  • コンテナのランタイム(実行環境)「gVisor」のオープンソース化

 3つの変更の中で、すぐに影響をもたらす可能性が最も高いのはCloud Composerだ。オープンソースのワークフロー作成・管理ソフトウェア「Apache Airflow」のマネージドサービスであり、今回β版になった。

 Cloud Composerと連携できるサービスは、以下の通りだ。Googleはこの他、リレーショナルデータベースサービスの「Cloud Spanner」や大容量データ解析向けNoSQLデータベースサービスの「Cloud Bigtable」など、他のGCPサービスとの連携も検討している。

  • Google BigQuery
    • データウェアハウスサービス
  • Cloud Dataflow
    • ストリームデータ処理/バッチ処理サービス
  • Cloud Dataproc
    • 分散処理フレームワーク(ライブラリやテンプレートなどの集合体)である「Apache Spark」「Apache Hadoop」のマネージドサービス
  • Cloud Datastore
    • Web/モバイルアプリケーション向けNoSQLデータベースサービス
  • Google Cloud Storage
    • オブジェクトストレージサービス
  • Cloud Pub/Sub
    • アプリケーション間連携用のメッセージングサービス
  • Cloud Machine Learning Engine(Cloud ML Engine)
    • 機械学習モデル構築サービス

 Cloud Composerの門戸を閉ざすつもりはないと、Googleは説明する。つまりユーザー企業は、Cloud Composerの連携先を他のクラウドサービスにまで拡張できることになる。同社はAirflowコミュニティーに大きく貢献する意向を示している。

 GoogleはCloud Composerをベンダーロックインからの解放につながるツールとして売り込むことができる。「オープンソースコミュニティーは分析とビッグデータの推進者であり、特に魅力を感じるはずだ」。そう話すのは、IT調査会社Enterprise Strategy Groupのアナリスト、マイク・レオン氏だ。

 オープンソースの側面と、異なるクラウドサービスとの間でデータをやりとりできる機能は「Cloud Composerの大きな差異化要因になり、競合との違いを間違いなく際立たせる」とレオン氏は語る。

オープンさが顧客を呼ぶ

 Googleのこうした取り組みは、一見すると自社の利益を優先していないように見えるが、実はそうではない。

       1|2 次のページへ

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news117.jpg

三越伊勢丹、中国小売業最大手の京東(ジンドン)と越境ECで戦略的業務提携
三越伊勢丹は中国小売業最大手の京東と越境ECで戦略的業務提携することに合意。京東が展...

news014.jpg

御社にもできる営業改革、効率化の余地を発見する5つの質問
今回のテーマは中小企業の営業改革です。HubSpotの顧客管理や営業支援機能の活用法を紹介...

news015.jpg

Pinterestユーザーが探している「生活を豊かにするアイデア」とは?
画像共有サービスの「Pinterest」でユーザーが探している「ライフスタイルをより豊かにす...