2018年01月24日 05時00分 公開
特集/連載

kmタクシーがGCP「Cloud Spanner」を採用、新サービスでタクシー業界に新風吹き込む国内事例がなくても新技術を活用

kmタクシーの国際自動車は、「Google Cloud Platform」(GCP)のサービス「Cloud Spanner」を活用し、ビジネスを変革させる新しいサービス「フルクル」を開発した。Spannerを使った理由やメリットを聞いた。

[重森 大,著]
スマホアプリのサンプル画面 スマホアプリのサンプル画面《クリックで拡大》

 スマートフォンのアプリケーションストアをのぞくと、複数のタクシー配車アプリが見つかる。タクシー会社が開発するもの、「LINE TAXI」のようにIT企業が提供するものなどさまざまだが、迎車料金を払ってタクシーを呼ぶという根幹機能に違いはない。ただ1つ異彩を放つのが、国際自動車が2017年11月から提供しているアプリ「フルクル」だ。迎車料金が不要なだけでなく、呼んでみたけど乗らなかった、なんてことも許される。機能以外にも、Googleのクラウドサービス群「Google Cloud Platform」(以下、GCP)の1つで、分散拡張機能を備えたRDBMS(リレーショナルデータベース管理システム)「Cloud Spanner」(以下、Spanner)の国内先進事例という点でも注目したいこのアプリ。なぜ誕生したのか、Spannerを使った理由やメリットはどこにあるのか、国際自動車を訪ねて話を聞いた。

予約しない、迎車料金もない、先に来た他のタクシーに乗ってもOK、が生まれた理由

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...