2018年01月24日 05時00分 公開
特集/連載

国内事例がなくても新技術を活用kmタクシーがGCP「Cloud Spanner」を採用、新サービスでタクシー業界に新風吹き込む

kmタクシーの国際自動車は、「Google Cloud Platform」(GCP)のサービス「Cloud Spanner」を活用し、ビジネスを変革させる新しいサービス「フルクル」を開発した。Spannerを使った理由やメリットを聞いた。

[重森 大,著]
スマホアプリのサンプル画面 スマホアプリのサンプル画面《クリックで拡大》

 スマートフォンのアプリケーションストアをのぞくと、複数のタクシー配車アプリが見つかる。タクシー会社が開発するもの、「LINE TAXI」のようにIT企業が提供するものなどさまざまだが、迎車料金を払ってタクシーを呼ぶという根幹機能に違いはない。ただ1つ異彩を放つのが、国際自動車が2017年11月から提供しているアプリ「フルクル」だ。迎車料金が不要なだけでなく、呼んでみたけど乗らなかった、なんてことも許される。機能以外にも、Googleのクラウドサービス群「Google Cloud Platform」(以下、GCP)の1つで、分散拡張機能を備えたRDBMS(リレーショナルデータベース管理システム)「Cloud Spanner」(以下、Spanner)の国内先進事例という点でも注目したいこのアプリ。なぜ誕生したのか、Spannerを使った理由やメリットはどこにあるのか、国際自動車を訪ねて話を聞いた。

予約しない、迎車料金もない、先に来た他のタクシーに乗ってもOK、が生まれた理由

ITmedia マーケティング新着記事

news033.jpg

ブランドは信頼に値するか? 「イエス」は日本ではわずか38%――エデルマン・ジャパン調査
エデルマン・ジャパンは、世界8カ国、1万6000人を対象に実施した消費者意識調査の日本に...

news019.jpg

「ラグビーワールドカップ2019」がおじさんの心を動かす――CCC調査
「ラグビーワールドカップ2019」が日本で開催されたことで日本人のラグビー愛にどう変化...

news044.jpg

誰のためのBI? 本当の「アナリティクスの民主化」って? マイクロストラテジー・ジャパン社長に聞く
「エンタープライズBI+セルフサービスBI」を掲げるMicroStrategy。同社日本法人社長に話...