2018年07月23日 05時00分 公開
特集/連載

国際モダンホスピタルショウ展示から3製品を紹介SaaS型電子カルテ、各社の特徴は バックアップ機能や操作性で差別化

保健、医療、福祉分野の製品・サービスに関する総合展示会「国際モダンホスピタルショウ2018」。本稿では、SaaS型電子カルテに関する注目の展示をピックアップして紹介する。

[上田 奈々絵,TechTargetジャパン]

関連キーワード

SaaS | 電子カルテ | 医療IT | 医療クラウド


 2018年7月11日〜13日に東京ビッグサイトで開催された「国際モダンホスピタルショウ2018」。本稿ではその展示を基に、アプリケーションと診療データをデータセンターで管理し、インターネットを経由して利用するSaaS型電子カルテを紹介する。

Bizひかりクラウド Future Clinic 21 ワープ:クラウドと院内で同時にデータをバックアップ

画像 手書きとスタンプ機能(右上)が使える

 NTT東日本の「Bizひかりクラウド Future Clinic 21 ワープ」は診療所向けの電子カルテだ。ペンタブレットでタッチ入力や手書き入力ができ、紙カルテのような感覚で使用できる。よく使うシェーマや様式を登録したスタンプ機能も、スピーディーな入力を支援する。

 電子カルテのアプリケーションおよびマスターデータ(医薬品や病名をまとめたデータベース)はNTT東日本データセンターのクラウド基盤に存在し、光回線「フレッツ光ネクスト」を介して院内端末とやりとりする。電子カルテ自体のデータ原本は院内に設置したNAS(Network Attached Storage)で保管し、バックアップは同データセンターで自動保存する。ネットワーク障害などでデータセンターとの通信ができなくなった場合には、院内NASのデータから電子カルテを起動し、オフライン環境で利用することもできる。日医標準レセプトソフト(ORCA)や予約システム、画像ファイリングシステムなどの、外部アプリケーションとも連携可能。

 サービス利用料(税別)は、初期費用(工事料)が2000円、基本利用料(端末1台利用時)が月に1万9000円、端末追加利用時は1台につき別途、月3000円。その他、接続回線、ルーター、クライアント端末、ストレージが必要となる。

Open-Karte Cloud:有床診療所に必要な機能がパッケージに

ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

電子書籍の閲覧デバイスはスマートフォンが主流、10〜20代では9割に迫る――マクロミル調査
いまだに読書は「紙」が主流。ユーザーの84%が紙の書籍を利用しているそうですが、週数...

news150.jpg

DataRobotとMarketoが連携、AIで業務の自動化と高精度な予測分析を一挙に実現
DataRobot Japanとマルケトは、「Marketo」と「DataRobot」のAPIによる接続検証を行い、...

news097.jpg

HubSpot CMOに聞いたインバウンドマーケティングの新フレームワーク「フライホイール」のこと
HubSpotが提唱するインバウンドマーケティングを実践するための新フレームワークと製品体...