2017年03月15日 09時00分 公開
特集/連載

医療クラウドと遠隔診療の規制緩和は医療のIT化を後押しするのだろうか?0.5歩先の未来を作る医療IT

クラウドとタブレットの普及によって、医療現場のIT活用が浸透しつつあります。診療報酬による評価やさまざまな規制緩和は、このムーブメントに対してどのような効果をもたらすのでしょうか。

[大西大輔,MICTコンサルティング]

このコラムについて

イメージ

医療機関のIT化は他の業界に比べて5〜10年は遅れているといわれます。また、医療現場でIT製品を導入する際、スタッフから不安の声が上がるなど、多かれ少なかれ障害が発生します。なぜ、医療現場にITが浸透しないのか。その理由を探るとともに、解決策を考えていきます。


 2010年の医療分野でのクラウドコンピューティング(以下、クラウド)の解禁や、2015年の事実上の遠隔診療解禁など、医療ITに新しい波をもたらそうとする規制緩和が進んでいます。これまで遅々として進まなかった医療のIT化が、いま一気に動き出そうとしています。

医療分野のクラウド利用解禁

ITmedia マーケティング新着記事

news016.jpg

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2021年9月)
今週はパーソナライゼーション製品の売れ筋TOP10を紹介します。

news018.jpg

アフリカFinTech事情 初のキャッシュレス大陸への勢いが止まらない
FinTechのユニコーンが続々と生まれるアフリカ大陸。砂漠の南が燃えています。

news162.jpg

テレビと広告とTwitterと人間の脳の関係について、いま分かっていること(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...