2018年08月03日 05時00分 公開
特集/連載

PWA、RAMDの長所と短所は「iOSとAndroidのどちらに対応?」から始まるモバイルアプリ開発、3つの質問

モバイルアプリ開発には、Appleの「iOS」とGoogleの「Android」のどちらをサポートするかをはじめとした、アプリの種類と開発手法が含まれる。IT部門が採用すべきツールやトレンドを3つの質問から明らかにする。

[Erica Mixon,TechTarget]
画像

 モバイルアプリの作成を決めたとする。そのアプリが社員向けでも外部顧客向けでも、相当な作業量になる。しかし、その作業の一部を容易にするツールやサービスがある。

 モバイルアプリ開発プロジェクトに取り掛かる場合、その前にITプロフェッショナルが答えを出すべき3つの質問がある。

モバイルアプリ開発プロジェクトの予算を確保しているか

 IT部門のモバイルアプリ開発は、多くの機能の搭載や他システムとの統合を必要とする場合は、特にコストのかかるプロジェクトになる。そのコストは推定10万〜50万ドルになる可能性がある。もしも予算が10万ドルを下回るのであれば、アプリの品質が低下する恐れがある。

 モバイルアプリ開発プロジェクトのコストを見積もる際に、IT部門が考慮する要素はたくさんある。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news011.jpg

今どきシニア、半数が帰省してくる子や孫の交通費を負担――あおぞら銀行調べ
あおぞら銀行は、55〜74歳の男女約2000人を対象に「シニアのリアル調査」を実施し、結果...

news040.jpg

AIが業務要件に合わせてテキスト解析、データセクションがサービス提供
データセクションは、顧客の抱える課題や要望に合わせてカスタマイズ可能なAIテキスト解...

news015.jpg

バーチャルYouTuberが半年で4000人以上に――ユーザーローカル調べ
ユーザーローカルはCyberVと協力し、バーチャルYouTuberの市場成長ついて分析しました。