2018年08月17日 05時00分 公開
特集/連載

サンドボックスでの検証が役に立つハイブリッドクラウド導入を成功させるための4つのヒント

ハイブリッドクラウドの概念実証(PoC)は、クラウドの導入がIT部門とビジネスニーズを完全に満たすかどうかを確認する重要なステップになる。

[Jim O'Reilly,TechTarget]
画像 概念実証に必要な4つのヒントとは

 ハイブリッドクラウドとはプライベートクラウドとパブリッククラウドを組み合わせた環境のことである。クラウド登場当初の意味としては、両者ともクラウド上に存在する。だが、現在は企業のオンプレミス環境で稼働するプライベートクラウドもある。本稿では広義のハイブリッドクラウド概念実証(PoC)について紹介する。

 ハイブリッドクラウドの概念実証では、データ移行プロセス、運用手続き(フェイルオーバーなど)、プライベートクラウドとパブリッククラウドの統合ポイントをテストすることが重要だ。その結果、ITチームはデータ側での待機時間やエラー処理、運用側でのクラウドバースティングや負荷分散にまつわるあらゆる問題点を確実に把握できる。ちなみにクラウドバースティングとは、オンプレミスのリソース負荷が高まったときにパブリッククラウドのサービスが一時的に肩代わりする仕組みだ。

 以下に、企業内でハイブリッドのPoCをうまく進める4つのステップを紹介する。

1.ハードウェアの変化の評価

 まず、ハードウェアが変わる影響を評価する。

ITmedia マーケティング新着記事

news089.jpg

Fringe81田中 弦氏×ヘイ佐俣 奈緒子氏 強い組織はプロダクトマネジメント視点で作る
Web業界で注目される気鋭の起業家2人が、組織や働き方のこれからについて語り合った。

news020.jpg

無料のデジタルコンテンツが有料になったら中高生の8割は「他の無料コンテンツを探す」――MMD研究所調査
MMD研究所とテスティーは共同で、中高生のデジタルコンテンツの利用と消費に関する調査を...

news018.jpg

「辛ラーメン」は「カップヌードル」の2倍超、訪日中国人の食品認知率――ヴァリューズ調べ
ヴァリューズは「中国人の食品ブランド認知・購入状況調査」を実施しました。