2018年11月09日 05時00分 公開
特集/連載

複数の端末を使って効率的に仕事をするにはデジタルワークスペースが仮想デスクトップ導入に与える影響

異なる端末やOSで同じリソースへのアクセスを可能にするデジタルワークスペースは、ユーザーが作業するデスクトップの定義を変える可能性がある。アプリケーション間連携の面では課題も残る。

[Alastair Cooke,TechTarget]
photo

 昔、ユーザーはノートPCを1台所有し、コンピュータを使う作業は全て自身のPCで満たしていた。多くの場合、コンピュータにおける唯一の作業場所は、MicrosoftのクライアントOS「Windows」のデスクトップだった。

 仮想デスクトップインフラ(VDI)は、ユーザーのデバイスからデータセンターにデスクトップを移動し、データセンターでデスクトップを運用する。VDIの導入背景には、ユーザーが仕事を進めるのに必要な全てのリソースを1つにまとめるという考え方がある。しかしユーザーは仕事にノートPC、タブレット、スマートフォンなど、さまざまなデバイスを使うようになった。こうしたデバイスは、それぞれ異なるユーザーインタフェース(UI)やOSを利用するため、シームレスに切り替えるのは難しい。

 Windowsアプリケーションが唯一の選択肢ではなくなったことも問題を複雑にする。ユーザーは、ローカルアプリケーション、Webアプリケーション、モバイルアプリケーションを使い分けながら仕事を進める。こうした変化に対処するには、企業のIT担当者はユーザーのコンピュータを導入する際の考え方を変えなければならない。WindowsアプリケーションをWindowsデスクトップで操作できるようにするだけでは不十分だ。アプリケーションやデバイスには多様な種類があり、VDIの導入だけでは対処できなくなっている。

ギャップを埋めるデジタルワークスペース

ITmedia マーケティング新着記事

news033.jpg

広告運用の自動化 できることとできないこと
日本の広告運用の現場にも自動化がようやく浸透し始めています。とはいえ、全てが自動化...

news069.jpg

デジタル広告の効果測定、7割の広告主が「Cookieだけでは足りない」――サイカ調査
クッキーだけでは足りないといっても、子どものおやつへの不満ではありません。もっとず...

news099.jpg

サイバー・バズ、YouTube企業公式チャンネルの運用代行サービスを開始
サイバー・バズは、YouTube企業公式チャンネルの運用代行サービスを開始した。