2008年05月09日 07時30分 UPDATE
特集/連載

Ask The Expert【Q&A】パケットスニファ導入のための予備知識

通過するすべてのデータを捕捉するためにはパケットスニファをどう設定すればよいかなど、予備知識を紹介する。

[Michael Gregg,TechTarget]

質問:パケットスニファを導入するに当たっては、どういった予備知識が必要なのでしょうか。

 スニファ(パケットを補足するツール)は強力なソフトウェアであり、ホストシステムのネットワークカードをプロミスキャスモードにする機能を備える。これは、「Pcap」や「WinPcap」などのプログラムによって実現される。これらのプログラムは、パケットを捕捉するためのAPI(アプリケーションプログラミングインタフェース)の役割を果たす。ホストシステムあてのパケットだけでなく、通過するすべてのデータを捕捉するためには、スニファはそのシステムのネットワークカードをプロミスキャスモードにセットする必要がある。パケットスニファの一例として「Wireshark」がある。このプログラムは、www.wireshark.orgからダウンロードして自分で試せる。

関連ホワイトペーパー

ドメイン | ネットワーク監視


ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

SaaS企業として驚異の継続率97% ServiceNowが考える、CX向上にDXが不可欠である理由
「ガートナー カスタマー・エクスペリエンス&テクノロジ サミット 2019」におけるServic...

news134.jpg

「Tableau 2019.2」発表、コミュニティーからリクエストが多かった新機能を多数追加
位置情報に基づく意思決定を支援するベクターベースのマッピング機能も。