【Q&A】パケットスニファ導入のための予備知識Ask The Expert

通過するすべてのデータを捕捉するためにはパケットスニファをどう設定すればよいかなど、予備知識を紹介する。

2008年05月09日 07時30分 公開
[Michael Gregg,TechTarget]

質問:パケットスニファを導入するに当たっては、どういった予備知識が必要なのでしょうか。

 スニファ(パケットを補足するツール)は強力なソフトウェアであり、ホストシステムのネットワークカードをプロミスキャスモードにする機能を備える。これは、「Pcap」や「WinPcap」などのプログラムによって実現される。これらのプログラムは、パケットを捕捉するためのAPI(アプリケーションプログラミングインタフェース)の役割を果たす。ホストシステムあてのパケットだけでなく、通過するすべてのデータを捕捉するためには、スニファはそのシステムのネットワークカードをプロミスキャスモードにセットする必要がある。パケットスニファの一例として「Wireshark」がある。このプログラムは、www.wireshark.orgからダウンロードして自分で試せる。

関連ホワイトペーパー

ドメイン | ネットワーク監視


ITmedia マーケティング新着記事

news101.jpg

郵送業務を電子化する理由 3位「テレワークへの対応」、2位「業務の迅速化・省力化」で1位は?――リンクス調査
キャンペーンのお知らせや新商品の紹介のダイレクトメールなど、個人宛てに送付する郵便...

news172.png

WACULが「AIアナリストSEO」を大幅刷新 コンテンツ作成×外部対策×内部対策×CVR改善をワンストップで支援
月額30万円でAI技術を活用したコンテンツ制作、約4万サイトの支援データ、熟練コンサルタ...

news150.jpg

SFAツール「Kairos3 Sales」にモバイルアプリ版 訪問営業の生産性向上へ
モバイルアプリ上で、リアルタイムで営業活動の確認・記録が可能になる。