2007年02月01日 07時00分 公開
特集/連載

パフォーマンスを可視化する「3次元」ネットワーク管理ロキ・ジョーゲンソンのネットワーク論

ネットワークが何をしているのかを把握するのは不可能に近い。だがここで紹介する3次元アプローチによれば、ネットワークパフォーマンスの全体像が提供されるだろう。

[Loki Jorgenson,TechTarget]

 社内のネットワークで起きている目には見えないことが、コストにつながる可能性がある。それも大きなコストだ。企業は、ネットワークが収益に影響を及ぼすという事実を、VoIPによって思い知らされた。しかし業界では今でも、そのコストを算定する方法を定義するのに苦労している。

 最大の問題は可視性である――ネットワークが何をしているのかを把握するのは不可能に近いのだ。経験豊富なネットワーク技術者でさえも、ネットワークパス(経路)を「見通す」ためにpingやtracerouteといった原始的なツールに頼っているのが実情だ。しかしこういった単純なツールでは、詳しいことは分からない(「ネットワークは「盲人と象」のようなもの」参照)。今日、ネットワークマネジャーは、デバイスカウンターやパケットスニファから得られた断片的データをつなぎ合わせて、ネットワークパフォーマンスに関するあいまいなメンタルイメージを作り上げているが、これは決して真実を直接反映したものではない。

 では、ネットワークが見えないことによる不利益はどのくらいなのだろうか。ネットワーク管理にかかわる支出は全世界で90億ドル近くに達しようとしているにもかかわらず、調査会社ガートナーのアナリスト、ジェフ・スナイダー氏は、2004年の時点で85%のネットワークがVoIPへの対応準備ができていないとみている。また、配備前の評価に対する要求の高まりを受け、業界はアプリケーション導入前にネットワークの健康確保を重視するようになってきてはいるが、業界誌ネットワークワールドの推定によると、ネットワークインシデントの82%はユーザーによって報告されたものであり、ネットワーク分析ソリューションのネテュイティブでは、ネットワークアラームの約50%がフォールスポジティブ(誤認)だとしている。

 これらの原因はすべて、可視性の欠如にある。

ITmedia マーケティング新着記事

news122.jpg

「ペプシチャレンジ」で煽られて焦ったコカ・コーラの“痛恨のやらかし”とは?
長年の間「コーラ戦争」を続けてきたCoca-ColaとPepsi。マーケティング施策でも切磋琢磨...

news149.jpg

デジタル化する顧客体験に関する消費者と企業の認識ギャップ――ナイスジャパン調査
問い合わせの初動としてインターネットやFAQ検索をする人が約8割。デジタルチャネルによ...

news042.jpg

気象データは近未来のデータ 予測に基づき「役に立つ」広告を届ける
気象データを活用することでどのような広告コミュニケーションが可能になるのか。海外の...